第53回星雲賞発表 日本長編部門は藤井太洋『マン・カインド』牧野圭祐『月とライカと吸血姫』 海外長編はアンディ・ウィアー『プロジェクト・ヘイル・メアリー』 | VG+ (バゴプラ)

第53回星雲賞発表 日本長編部門は藤井太洋『マン・カインド』牧野圭祐『月とライカと吸血姫』 海外長編はアンディ・ウィアー『プロジェクト・ヘイル・メアリー』

第53回星雲賞各部門の受賞作品が決定

2022年8月27日(土)、福島県の磐梯熱海温泉ホテル華の湯で開催されている第59回日本SF大会 F-CONで、第53回星雲賞の受賞作および受賞者が発表された。星雲賞は日本で最も歴史が長い賞で、毎年、日本SF大会の参加者の投票によって受賞作品が選ばれる。

日本長編部門に選ばれたのは牧野圭祐『月とライカと吸血姫』(全7巻、小学館 ガガガ文庫)。授賞式に登壇した著者の牧野圭祐は「受賞できると思っていなかった」と話し、本作は米ソの宇宙開発をベースにしていることから宇宙開発の関係者への感謝を表明した。『月とライカと吸血姫』は2021年にアニメ化され、テレビ東京ほかにて放送された。『月とライカと吸血姫』はライトノベルレーベルのガガガ文庫から発売中。

¥100 (2022/10/04 09:38:22時点 Amazon調べ-詳細)

もう一つの日本長編部門受賞作は藤井太洋『マン・カインド』(早川書房)。藤井太洋の星雲賞日本長編部門受賞は『オービタル・クラウド』に続いて二度目になる。『マン・カインド』は2021年8月に『S-Fマガジン』での連載を終了した作品。単行本になる前の受賞に、授賞式に登壇した著者の藤井太洋は驚きを表明しつつ、『マン・カインド』の設定を考える際に参考にしていたという故・伊藤計劃への感謝を口にした。

¥673 (2022/10/04 09:38:23時点 Amazon調べ-詳細)

日本短編部門に選ばれたのは小川哲「SF作家の倒し方」。『S-Fマガジン』2021年6月号と樋口恭介編『異常論文』(早川書房)に収録されている。小川哲はこれが星雲賞初受賞。

¥1,228 (2022/10/04 09:38:24時点 Amazon調べ-詳細)

コミック部門には椎名高志『絶対可憐チルドレン』(全63巻 小学館)が選ばれた。授賞式には椎名高志からの受賞コメントが寄せられ、「選んでくださったみなさま、本当にありがとうございます」と、SFファンへの感謝を表明した。

¥528 (2022/10/04 09:38:24時点 Amazon調べ-詳細)

メディア部門に選ばれたのはアニメ『ゴジラS.P 〈シンギュラポイント〉』(監督:高橋敦史、シリーズ構成・脚本:円城塔、アニメーション制作:ボンズ×オレンジ、製作:東宝)。監督の高橋敦史が登壇し、円城塔から「(授賞式に)くれぐれもスーツやネクタイで行かないように」と助言を受けたことを明かした。『ゴジラS.P 〈シンギュラポイント〉』は円城塔によるノベライズ版が発売中。

¥1,980 (2022/10/03 18:40:01時点 Amazon調べ-詳細)

海外長編部門に選ばれたのはアンディ・ウィアー『プロジェクト・ヘイル・メアリー』(上下、訳:小野田和子)。訳者の小野田和子は受賞コメントで「本当に見事なエンタメ・ハードSF」と評し、著者のアンディ・ウィアーは『火星の人』に続いての受賞に「ありがとう、日本!」とコメントを寄せた。『プロジェクト・ヘイル・メアリー』は映画化も予定されている。

¥1,782 (2022/10/03 20:07:44時点 Amazon調べ-詳細)

海外短編部門に選ばれたのはジェイムズ・アラン・ガードナー「星間集団意識体の婚活」(訳:佐田千織、東京創元社)。本作はJ・J・アダムズ編『不死身の戦艦』(創元SF文庫)に収録されている。受賞に際し、担当編集者は東京創元社の刊行物が海外短編部門を受賞するのは今回が初めてと明かした。

¥1,346 (2022/10/04 10:16:29時点 Amazon調べ-詳細)

第53回星雲賞アート部門に選ばれたの加藤直之。加藤直之は『S-Fマガジン』のスタジオぬえ創立50周年記念特集号で表紙を手がけ、発売前増刷がかかるなど大きな話題を呼んでいる。

¥4,980 (2022/10/04 13:30:58時点 Amazon調べ-詳細)

自由部門に選ばれたのは「ヱヴァンゲリヲン新劇場版シリーズの完結」(庵野秀明)。グラウンドワークス代表取締役の神村靖宏が代理で登壇し、表彰状と記念品が授与された。

ノンフィクション部門に選ばれたのは『学研の図鑑 スーパー戦隊』(監修:松井大、執筆:岡本智年、東映株式会社、学研プラス)。「学研の図鑑」シリーズは長らく子ども達の科学の入口になってきたが、『学研の図鑑 スーパー戦隊』ではフィクションを図鑑にするというチャレンジに挑んだ。『学研の図鑑 スーパー戦隊』は学研から発売中。

¥3,630 (2022/10/04 01:44:44時点 Amazon調べ-詳細)

第53回星雲賞受賞作

日本長編部門
牧野圭祐『月とライカと吸血姫』(全7巻、小学館 ガガガ文庫)
藤井太洋『マン・カインド』(早川書房)

日本短編部門
小川哲「SF作家の倒し方」(樋口恭介編『異常論文』(早川書房) 収録)

海外長編部門
アンディ・ウィアー『プロジェクト・ヘイル・メアリー』(上下、訳:小野田和子)

海外短編部門
ジェイムズ・アラン・ガードナー「星間集団意識体の婚活」(訳:佐田千織、東京創元社)
※J・J・アダムズ編『不死身の戦艦』(創元SF文庫)に収録

コミック部門
椎名高志『絶対可憐チルドレン』(全63巻 小学館)

自由部門
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版シリーズの完結」(庵野秀明)

ノンフィクション部門
『学研の図鑑 スーパー戦隊』(監修:松井大、執筆:岡本智年、東映株式会社、学研プラス)

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. アーシュラ・K・ル・グインのドキュメンタリー映画が米公共放送で初オンエア

    2. Netflix『死後の世界を探求する』臨死体験や研究から“死後の世界”を探るドキュメンタリー 1月6日配信開始

    3. 『うる星やつら』の高橋留美子がアイズナー賞「コミックの殿堂」に—ラブコメにSFを取り入れた開拓者

    4. 『2010年宇宙の旅』『さよならジュピター』製作秘話が明らかに。「小松左京展」にアーサー・C・クラークからの手紙を初展示