注目の記事 PICK UP!

ハリウッドで広がる“5050×2020“ムーブメント「2020年までに性差別撤廃を」——ベネチア映画祭でギレルモ・デル・トロ監督が改めて提言

ハリウッドで広がる“5050×2020”ムーブメント

ベネチア映画祭で再提言

日本時間の30日未明、イタリアで第75回ベネチア国際映画祭が開幕した。ベネチア国際映画祭は、1932年から続く世界三大映画祭の一つ。金獅子賞をはじめとした各賞が発表される予定となっており、世界中から俳優や映画監督ら、映画関係者が集っている。そんな華やかな舞台で、今年のベネチア国際映画祭の審査委員長を務めるギレルモ・デル・トロ監督が、ハリウッドに蔓延する性的不平等の改善を改めて提言した。

2020年までに公平を

現在、映画業界では、#MeToo に続くムーブメントとして、“5050×2020” (フィフティフィフティ・バイ・トゥエンティートゥエンティー)というムーブメントが広がりを見せている。“5050×2020”はその名の通り、2020年までに、ハリウッドにおける男女間の賃金格差、各賞レースにおける候補者の男女比率の不均衡を解消し、50 : 50の割合とすることを目標としている。今回のベネチア映画祭においても、コンペティション部門で上映される女性監督の作品は、ジェニファー・ケント監督の『ナイチンゲール』のみとなっている。“5050×2020”は、映画会社における役員の男女比も改善の対象としている。つまり、賞レースにおける選考過程そのものというよりも、白人男性以外の映画監督が育ちにくい、出世しにくいという社会的背景から是正しようとする取り組みなのだ。

積極的な姿勢を見せるギレルモ・デル・トロ監督

こうした現状に対し、『パシフィック・リム』(2013)、『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)で知られるギレルモ・デル・トロ監督は、同映画祭のプレスカンファレンスで以下のように発言した。

本当は2019年までに50 : 50を達成するべきだよ。(中略)まさに今、解決するべき問題なんだ。この問題について呼びかけて、疑問を投げかけ、指摘して、世間に知らしめることがとても重要だ。

by ギレルモ・デル・トロ

「これは“論争”ではなく、現実の問題」と指摘するデル・トロ監督。以前より、女性キャラクターが常にラブストーリーに結びつけられる風潮に異議を唱え、女性のゲリラや戦士を自身の作品に多く登場させてきた。今年1月に行われたゴールデングローブ賞の受賞式では、壇上で「ノミネートされた候補者は、全員男性です」とスピーチして批判を受けたナタリー・ポートマンを、「あの舞台は皆んなが思っていることを言う場所だ」と擁護した。デル・トロ監督自身も、放送映画批評家協会賞やゴールデングローブ賞の受賞式の会場など、公の場で度々、ハリウッドにおける性差別ついて発信している。

“フリ”はやめよう

現在、ギレルモ・デル・トロ監督は五つの映画のプロデューサーを務めているが、三作品は女性監督、二作品は新人監督の下、製作が進められているという。発言においても、行動においても、“5050×2020”を実現しようという強い意志が感じられる。デル・トロ監督が如何に真剣かということは、ベネチア映画祭での以下の発言を見ても伝わるだろう。

 “フリ”はやめよう。必要なことなんだ。

by ギレルモ・デル・トロ

リードするアメリカSF界

アメリカのSF界では、比較的、ジェンダーフリーの取り組みが進んでいる。先日発表されたSF最高賞の一つであるヒューゴー賞においては、小説部門の受賞者は全て女性作家、全体を通しても受賞者のほとんどが女性作家という結果になった。黒人女性作家のN・K・ジェミシンが長編小説部門で三連覇を達成し、長編映像部門に『ワンダーウーマン』(2017)が選ばれたことも象徴的だ。今回のSF・ファンタジー界の鬼才の掛け声に、ハリウッド映画界はどこまで応えることができるだろうか。

– Thumbnail –
via: 5050 by 2020
– Source –
The Hollywood Reporter

VG+編集部

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 京都SFフェスティバル2018が10月6~7日に開催 今年も多彩な企画と豪華出演者が勢ぞろい (10…

  2. マーベル公式チャンネルに東映版『スパイダーマン』登場! レオパルドンが戦うレア映像を公開

  3. 「手塚治虫はSFで戦争を語った」米歴史家が『鉄腕アトム』を賞賛

  4. 2018年度 ヒューゴー賞発表!N・K・ジェミシンが前人未到の三連覇、タケダ サナがプロアーティスト…

  5. 【NYCC2018】マーベルの発表まとめ その2【デアデビル、スパイダーバース、ギフテッド】

  6. 『ウエストワールド』ブライアン・バークが語る東京愛 「J・J・エイブラムスと僕は、東京中毒なんだ」

  7. “京都SFフェスティバル2018”開催 豪華出演者登場で立ち見も出る大盛況

  8. マシ・オカ共同制作のSF作品が公開 『ロックマン』実写化のプロデュースに続き製作に意欲

  9. ヒューゴー賞の投票期間が終了 今年のSF最高賞に選ばれる作品は…?

人気記事

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP