大滝瓶太「直行言語の孤独」英訳がSci Phi Journal誌に掲載 Toshiya Kameiによる翻訳 | VG+ (バゴプラ)

大滝瓶太「直行言語の孤独」英訳がSci Phi Journal誌に掲載 Toshiya Kameiによる翻訳

大滝瓶太「直行言語の孤独」が英訳で登場

作家の大滝瓶太の小説「直行言語の孤独」が英訳され、英語誌のSci Phi Journal誌に掲載された。同作は書肆侃侃房の『ほんのひとさじvol.13』(2019) に収録された作品で、「Solitude Of An Orthogonal Language」の英題で掲載されている。翻訳を手掛けたのはToshiya Kamei。

「Solitude Of An Orthogonal Language」(Sci Phi Journal)

「直行言語の孤独」の英訳「Solitude Of An Orthogonal Language」が掲載されたSci Phi Journalは、2014年に立ち上げられた季刊のSFオンラインマガジン。2016年には、SF最高賞の一つであるヒューゴー賞でベスト・セミプロジン部門にノミネートされている。「Solitude Of An Orthogonal Language」が収録されたのは2020年のWinter号

大滝瓶太は、『小説すばる 2021年1月号』にアフマド・サアダーウィー『バグダードのフランケンシュタイン』(柳谷あゆみ 訳) の書評を寄せている。同号には、Toshiya Kameiによるエッセイ「日本発インディーSFを世界へ」も掲載されている。このエッセイでは、数々の日本SFを世界に発信することになった経緯と、海外のオンラインSFマガジンの状況などが解説されている。

¥1,000 (2021/05/14 01:28:50時点 Amazon調べ-詳細)

「直行言語の孤独」が収録されている『ほんのひとさじvol.13』は、書肆侃侃房よりKindleで発売中。

¥100 (2021/05/14 01:28:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. ピーター・トライアス新作はMGS2のテーマから影響——『サイバー・ショーグン・レボリューション』

    2. 『指輪物語』のトールキンが、フランク・ハーバートの小説『デューン/砂の惑星』について語らなかった理由

    3. 劉慈欣『三体』「小島秀夫が推薦」と中国で話題に

    4. SNSとの付き合い方は? SF作家ジョン・スコルジーが執筆ルーティンを公開。