山田孝之主演&プロデュース! 映画『ハード・コア』が11月23日公開——25年前の人気漫画を実写化

©2018「ハード・コア」製作委員会

伝説の漫画が山田孝之主演&プロデュースで帰ってくる!

25年の時を越えて実写化

山田孝之が主演・プロデュースを務める映画『ハード・コア』が、11月23日に劇場公開される。同作は、今から約25年前に連載を終えた漫画『ハード・コア—平成地獄ブラザーズ』(1991-1993)の実写化作品。監督は、オダギリジョー主演の『オーバー・フェンス』(2016)などで知られる山下敦弘監督が務める。原作のファンでもあるという荒川良々、『仮面ライダー電王』(2007-2008)、『亜人』(2017)などSF作品ではおなじみの佐藤健の他、石橋けい、首くくり栲象、泰すおん、康すおん、藤原季節、松たか子の出演が発表されている。

ロボットとの出会いが未来を変える

都会の片隅で細々と生活する曲がった事が大嫌いな主人公・権藤右近(山田孝之)は、彼の唯一の友人である牛山(荒川良々)、右近の弟で一流商社に勤務する弟の左近(佐藤健)と共に、怪しい活動家の埋蔵金発掘を手伝う。歪んだ社会に馴染むことができない彼らだったが、謎のロボット=ロボオとの出会いが、彼らの未来を一変させる。

「腐っているのは世の中なのか、俺たちなのか――」

狩撫麻礼・作、いましろたかし・画による原作『ハード・コア—平成地獄ブラザーズ』は、1991年に連載を開始した。主演の山田孝之や山下監督を始め、ファンは多い。同作を読んで育った世代の手によって、25年の時を越えて実写化されることになった。
これまでに公開されている映画のキャッチコピーは、「家族なんていらねぇ。俺たちは空だって飛べるんだ——。」、「腐っているのは世の中なのか、俺たちなのか――」。プロデュースを務めた山田孝之と山下監督は、実写化作品にどのようなメッセージを込めたのか。劇場公開を心待ちにしよう。

映画『ハード・コア』は11月23日 (金・祝) より全国で公開。

『ハード・コア』公式サイト

VG+編集部

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 中国初のSF大作映画『流転の地球 (さまよえる地球)』アメリカでの評価は…?

  2. 『レディ・プレイヤー1』のハリデー役、マーク・ライランスがトランプ大統領の英国訪問への抗議運動を呼び…

  3. オーストラリアのSFスリラー映画『アイ・アム・マザー』がNetflixで配信へ トレーラーが公開

  4. 『アクアマン』が切り開いた“ポスト・ダークナイト”後の時代——DC映画はどう変わるのか

今週の人気記事

新着記事

今月の人気記事

PAGE TOP