2丁拳銃(アキンボ)は名優の軌跡!! クリスチャン・ベイル、スタローン、チョウ・ユンファ 歴代アキンボ俳優まとめ | VG+ (バゴプラ)

2丁拳銃(アキンボ)は名優の軌跡!! クリスチャン・ベイル、スタローン、チョウ・ユンファ 歴代アキンボ俳優まとめ

© 2019 Supernix UG (haftungsbeschränkt). All rights reserved. 

<アキンボは世界的スターへの道!アキンボアクションがアツい!>

ダニエル・ラドクリフが2丁拳銃(アキンボ)に強制的にされてしまう『ガンズ・アキンボ』

© 2019 Supernix UG (haftungsbeschränkt). All rights reserved.

これまでのダニエル主演作の中でもアクションの色濃い本作。ダニエル以外にも、実はあのアクションスターやアカデミー賞俳優も過去にアキンボアクションを披露し、スターダムを駆け上がっていったことが判明した!!『ガンズ・アキンボ』公開を前に名作アキンボムービーをおさらい!

クリスチャン・ベイル『リベリオン』(02)

¥11,720 (2021/12/04 05:53:20時点 Amazon調べ-詳細)

クリスチャン・ベイルがバットマンを演じる前に主演したアキンボムービーの決定版。「ガン=カタ」という2丁拳銃を用いたオリジナル戦闘術が登場する。東洋武術をベースにした斬新なアクションで世界の映画ファンを魅了した。アカデミー賞俳優のアクションへの礎を築いた記念碑的作品!

シルベスター・スタローン『エクスペンダブルズ』(10)

ポニーキャニオン
¥2,118 (2021/12/04 05:56:09時点 Amazon調べ-詳細)

70歳を超えてなお精力的に活躍を続けるレジェンド、シルベスター・スタローン。近年の代表作の一つ『エクスペンダブルズ』シリーズでは熟練のアキンボ捌きを堪能できる。4作目の噂も絶えないが、スライが再びアキンボアクションをすることに期待!!

チョウ・ユンファ『男たちの挽歌』(86)

¥960 (2021/12/04 05:53:21時点 Amazon調べ-詳細)

ジョン・ウー監督、主演チョウ・ユンファの香港ノワールの代表作。今作をきっかけにジョン・ウーが復活を果たし、チョウ・ユンファが世界的スターとなった。以後、二人の代名詞にもなるほどアキンボが印象的な作品。

そして、2021年最新アキンボムービー『ガンズ・アキンボ』がついに公開となる!ダニエル・ラドクリフもアキンボを経験し、さらなる飛躍間違いなし⁉ 活躍にご期待ください!

『ガンズ・アキンボ』は2月26日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国で公開。

『ガンズ・アキンボ』公式サイト

【STORY】

ゲーム会社のプログラマー、マイルズ(ダニエル・ラドクリフ)はネットの掲示板やコメント欄に過激な書き込みをする“ネット荒らし”をすることで仕事の憂さ晴らしをしていた。ある日マイルズは、街を舞台に殺し合いをさせ、それを視聴する人気の闇サイト「スキズム」でいつものように攻撃的なコメントを書き込みまくっていた。しかし、この目に余る荒らしに対し、サイトを管理する闇の組織のボス、リクターが激怒。IPアドレスからマイルズの住所を特定し、マイルズを麻酔で気絶させる。目を覚ましたマイルズは意識が朦朧とする中で驚愕する。両手にボルトで拳銃が固定されていたのだ―。さらにリクターはマイルズの元彼女を拉致し、「スキズム」で最凶の殺し屋ニックス(サマラ・ウィーヴィング)と戦い、勝てたら解放すると条件を突きつける。ゲームの中でしか銃を撃った経験がないマイルズは2丁拳銃(=アキンボ)を武器にこの無理ゲーな殺し合いで生き残り、タイムリミット24時間以内にニックスを倒し、元カノを無事に救出できるのか―!?

監督・脚本: ジェイソン・レイ・ハウデン
製作: ジョー・ニューローター、フェリペ・マリーノ、トム・ハーン
出演: ダニエル・ラドクリフ、サマラ・ウィーヴィング、ネッド・デネヒー、ナターシャ・リュー・ボルディッゾ、リス・ダービー ほか

映画宣伝会社 スキップ

アクション、ホラー、コメディ、ドラマ、SF、アニメ、ラブストーリー。スキップは、多岐に亘るジャンルにおいて、その作品の魅力・真価を最大限に見出し、映画とお客様をつなぐ宣伝のプロフェッショナル集団です。 担当するすべての作品に、愛と責任、そして探究心を持って宣伝活動に取り組みます。 人と人の繋がりを何よりも大切にし、映画・映像業界に貢献致します。

関連記事

  1. アメリカで「怪獣クリスマス・マラソン」放送! 13作品のラインナップは?

  2. 【独占】『アイアンスカイ/第三帝国の逆襲』VFXは『ゲーム・オブ・スローンズ』クオリティだった! メイキング写真が到着

  3. ランド役のビリー・ディー・ウィリアムズ、再演に不安を感じていた【スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け】

  4. 【ネタバレ】レビュー『ブラック・ウィドウ』 性差別からの“解放”とジャンルへの“抵抗”