Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス』シーズン3がゲーム化! TGA2018で発表

via: Screenshot on The Game Awards YouTube

『ストレンジャー・シングス』シーズン3がゲーム化決定!

“The Game Awards 2018″で発表

世界最大級のゲームアワード、”The Game Awards 2018″がロサンゼルスのマイクロソフト・シアターで開催され、Netflixオリジナルドラマの『ストレンジャー・シングス』(2016-)のゲーム化が発表された。『ストレンジャー・シングス』はシーズン3の公開を2019年夏に控えており、ゲームのタイトルは『Stranger Things 3: The Game』(原題)と発表された。16ビットで製作されたゲームのプロモーション映像がこちらだ。

同作の製作を手がけるのは、BonusXP。同社は2017年に『ストレンジャー・シングス』のモバイルゲームを発売しているが、今作ではXbox One、Nintendo Switchなどを含む“全てのプラットフォーム”に対応するという。

製作のザ・ダファー・ブラザーズも登場

The Game Awards 2018授賞式の部隊に登場したのは、『ストレンジャー・シングス』の政策・脚本・プロデュースを担当しているザ・ダファー・ブラザーズ(ダファー兄弟)。「ゲーム界にとっては、今年は特に素晴らしい年でした。Netflixにとっては、不幸な年だったとも言えますね。ゲームで遊んでいたらリリースが少なくとも1ヶ月は遅れてしまうので」と会場を笑わせた。ザ・ダファー・ブラザーズから直々に紹介された『Stranger Things 3: The Game』の初公開映像に、聴衆は大いに盛り上がりを見せていた。

Netflixを代表する人気ドラマ

『ストレンジャー・シングス』は、2016年にシーズン1の配信を開始したNetflixオリジナルのSFホラードラマ。1983年のアメリカはインディアナ州に位置する小さな町を舞台に、少年少女たちが数々の超常現象に見舞われる。2017年10月にシーズン2が配信されると2017年末にはシーズン3の製作が発表された。今もっとも人気を集めているNetflixドラマの一つである。

30部門の受賞作/受賞者が発表

米時間12月6日に開催されたThe Game Awards 2018では、その年最高のゲームを選ぶゲーム・オブ・ザ・イヤーを始め、30部門の受賞作品および受賞者が発表された。その他にも、オーケストラによるゲーム曲の演奏が実施された他、『Stranger Things 3: The Game』を始めとする新作ゲーム情報が発表されている。2018年のゲーム・オブ・ザ・イヤーに選ばれたのは、PS4用ソフトの『ゴッド・オブ・ウォー』。7部門ノミネートで注目されていた『Marvel’s Spider-Man』と、3部門ノミネートを果たした『デトロイト ビカム ヒューマン』は、3部門制覇を達成した『レッド・デッド・リデンプション2』の快進撃の前に、惜しくも受賞を逃した。

また、小島秀夫監督が審査員に加わったベスト・スチューデント・ゲームには、インランドノルウェー応用化学大学のチームが制作した『Combat 2018』が選ばれている。

Source
The Game Awards Twitter

VG+編集部

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 「メタルギアソリッド」シリーズ主題曲のハリー・グレッグソン=ウィリアムズがThe Game Awar…

  2. 「『デス・ストランディング』は全く新しい体験」ファティ・アキン監督が語る

  3. 【PS4】ゲーム『CONTROL』を実写版『メタルギア』監督が高く評価

  4. デトロイト ビカム 1歳! DBH一周年に出演者らが祝意

今週の人気記事

新着記事

今月の人気記事

PAGE TOP