ゲーム『ソニックフロンティア』初めての人から上級者まで広大なフィールドでスピードアクションが楽しめるソニック最新作 | VG+ (バゴプラ)

ゲーム『ソニックフロンティア』初めての人から上級者まで広大なフィールドでスピードアクションが楽しめるソニック最新作

©SEGA

※本レビューはメーカーから商品提供を受けて執筆しています。

ゲーム『ソニックフロンティア』発売中

2022年11月8日(火) にセガより発売されたゲーム『ソニックフロンティア』は、セガが世界に誇る「ソニック」シリーズの最新作。PlayStation®5/PlayStation®4/Nintendo SwitchTM/Xbox Series X|S/Xbox One /PC(Steam)用ソフトとして発売された。ジャンルは「新境地アクションアドベンチャーゲーム」となっており、その冠に違わぬ新体験が用意されている。

セガ
¥4,727 (2023/02/02 10:19:13時点 Amazon調べ-詳細)

『ソニックフロンティア』の特徴は、本作の舞台となるクロノス島という広大なフィールド。「ソニック」シリーズのスピード感と疾走感はそのままに、未知の世界の中を縦横無尽に駆け巡る新境地のアクションは、初めて「ソニック」シリーズに触れる人にも、歴代のシリーズをプレイしてきた人にとっても新鮮な驚きを与えてくれる。

今回は、PS4版の『ソニックフロンティア』がVG+編集部に到着。早速プレイしてみた感想を書いていこう。

魅力的なSFストーリー

「ソニック」シリーズのファンであれば、その魅力の一つはストーリーにあることはご存知の通りだ。『ソニックフロンティア』の冒頭では、やはり古代人の秘密を狙うエッグマンの企みから物語が動き出す。ソニック達は膨大な力を持つカオスエメラルドの反応を察知し、エッグマンの企みを阻止しようとするが、今回は一味違った展開が待っている。

ソニックは突如として時空の穴に吸い込まれ、「ソニック」シリーズの最初のステージとしてお馴染みの“グリーンヒル”のような場所に飛ばされてしまう。そこは電脳空間であり、クリアするとソニックはスターフォール諸島へと辿り着く。そこは時間から取り残された特別な場所。ソニックは謎の声に導かれながら、はぐれてしまったエミーとテイルスを探して島を冒険することになる。

不思議なこの島で、ソニックはこれまでにない不思議な冒険に挑む。ネタバレは控えるが、その背景には壮大なSFストーリーが隠されている。SFファンも納得のストーリーと共に、進化したゲームシステムが楽しめる点が本作の魅力だ。

圧倒的なスピード感×高い自由度

『ソニックフロンティア』には、エミーとテイルスの他にも、ナックルズビッグ・ザ・キャットといったお馴染みのキャラクターも登場。これまでのシリーズ同様、ミニゲーム要素も準備されている。

ソニックが冒険する島には、古代から残されているギミックが張り巡らされており、そのパズルを解いていくことで冒険のヒントを得たり、マップが開放されたりする。

しかし、そこに立ちはだかるのは島の守護神だ。『ソニックフロンティア』では、様々なボタン操作による多彩な連続コンボによって、一段と進化したソニックのバトルアクションを楽しむことができる。バトルには「回避」や「カウンター」といった技を駆使した駆け引き要素も。島の守護神の攻撃パターンを見極めて、戦略的に倒そう。

このようにギミックを解いたり、守護神を倒すことで古代トビラが開いて新しい世界へと進んでいくことができる。スターフォール諸島を舞台にした『ソニックフロンティア』は、これまでのステージクリア型とは違い、マップを開放していくスタイルでゲームが進んでいく。

一方で、“ポータルギア”というアイテムを使って訪れることができる電脳空間では、お馴染みのステージにトライすることができる。2D型のステージも登場する電脳空間でのアクションも楽しもう。

フィールドには巨大な“巨神”も棲息している。カオスエメラルドの力を使えば、ソニックは金色の“スーパーソニック”になって戦うことができる。実写映画版でも話題を呼んだスーパーソニックを使いこなして、巨大な敵に挑もう。

『ソニックフロンティア』の魅力は、これらの広大なフィールドでのバトルやギミックの謎解き、電脳空間でのステージミッションに好きな順番でチャレンジすることができる点だ。圧倒的なスピード感を特徴とする「ソニック」シリーズに、本作ではこれまでにない自由度が加わっている。

「ソニック」をやったことがないという方は、入門には本作が絶好のタイミングだ。これまでの「ソニック」シリーズに馴染みがあるという方は、これまでの経験によってさらに楽しめる作りになっている。難易度も「エンジョイ」「チャレンジ」「スリル」の3段階が用意されており、初心者から上級者まで楽しめる『ソニックフロンティア』。未プレイの方は、この年末年始にでも「ソニック」の新境地を体感してみては。

PlayStation®5/PlayStation®4/Nintendo SwitchTM/Xbox Series X|S/Xbox One /PC(Steam)用ソフト『ソニックフロンティア』はセガより発売中。

セガ
¥5,273 (2023/02/02 10:19:14時点 Amazon調べ-詳細)
セガ
¥4,727 (2023/02/02 10:19:13時点 Amazon調べ-詳細)
セガ
¥5,273 (2023/02/02 23:45:14時点 Amazon調べ-詳細)
『ソニックフロンティア』
対応機種:PlayStation®5 / PlayStation®4 / Nintendo SwitchTM / Xbox Series X|S/Xbox One/PC(Steam)
※Xbox Series X|S、Xbox One、PC(Steam)はデジタル版の販売のみ

対応言語:PlayStation®5/PlayStation®4/Nintendo SwitchTM版 音声:日本語、英語/字幕:日本語、英語、韓国語、中国語(繁体字、 簡体字)

Xbox Series X|S/Xbox One/PC(Steam)版 音声:日本語、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン 語(スペイン)/字幕:日本語、英語、韓国語、中国語(繁体字、簡 体字)、ポルトガル語(ブラジル)、フランス語、イタリア語、ドイツ 語、スペイン語(スペイン)、ロシア語、ポーランド語
発売日:2022年11月8日(火)発売
希望小売価格:パッケージ版・デジタル版:5,990円(税込6,589円)

デジタルデラックス:6,990円(税込7,689円)
ジャンル:新境地アクションアドベンチャー
プレイ人数:1人
発売・販売:株式会社セガ

CERO表記:A区分(全年齢対象)
著作権表記:©SEGA
公式サイト:https://sonic.sega.jp/SonicFrontiers

齋藤 隼飛

社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせ

関連記事

  1. 「メタルギアソリッド」シリーズ主題曲のハリー・グレッグソン=ウィリアムズがThe Game Awardsに登場

  2. 小島監督がTGSに帰って来る! “豪華声優陣”も登壇、Twitterにはオセロット役の三上哲が登場

  3. 『サイバーパンク 2077』中国のSNSでもトレンド入り SFゲームも中国市場が鍵に

  4. 『デトロイト ビカム ヒューマン』監督、自画自賛ツイートが思わぬ波紋