『僕と生きる人生』はどうやって撮影した? メイキングが公開 二人のポール・ラッドによる喧嘩シーンには意外な仕掛け

Netflix

二人のポール・ラッドが共に生きる

NetflixオリジナルのSFコメディドラマ『僕と生きる人生』が2019年10月18日(金)に公開された。同作では「アントマン」シリーズで知られるポール・ラッドを主演に据え、“クローンの自分”と生きる羽目になった主人公マイルズの物語が描かれる。1エピソード約30分で全8話と、見やすいボリュームになっている点も『僕と生きる人生』の特徴だ。『僕と生きる人生』のあらすじは以下の記事からチェックしてほしい。

メイキング映像が公開

そんな『僕と生きる人生』から、メイキング映像が公開された。劇中、オリジナルの“ダメなマイルズ”とクローンの“イケてるマイルズ”は衝突してばかり。口論になるシーンや殴り合いの喧嘩になるシーンも登場するが、二人のポール・ラッドによる共演はどのようにして撮影されたのだろうか。

「撮影は悪夢のようなものに」

『僕と生きる人生』のメイキング映像は、ポール・ラッドのインタビューから始まる。最初に脚本を読んだ時に「すごく気に入った」と話すポール・ラッドだが、同時に「撮影は悪夢のようなものになると思った」と告白している。

気になる撮影方法は?

『僕と生きる人生』では、「基本的には (もう一人のマイルズとして仮の俳優を置かず) 一人で演技をしていました」と語るポール・ラッド。その撮影方法はというと、事前にセリフを録音し、撮影時に小型のイヤホンを装着、自分が演じているマイルズのセリフを言い終えると、スタッフがタブレットを操作してイヤホン内に事前に録音していた“もう一人のマイルズ”のセリフが流れるようになっていたのだとか。

Screenshot from Netflix YouTube

Screenshot from Netflix YouTube

Screenshot from Netflix YouTube

ポール・ラッドは自分のセリフを喋った後、“もう一人のマイルズ”のセリフが終わったことを確認し、次のセリフに移るという作業を繰り返していたのだ。更に、一度撮ってみた映像を確認し、二人のマイルズの視線が合っているかなど、不自然な点がないかをチェック。実に丹念な作業の積み重ねで製作されていたことが分かる。

Screenshot from Netflix YouTube

撮影を成功させたポール・ラッドの才覚

そんな地道ながらも過酷な撮影手法の中でも、やはりポール・ラッドの演技は一流だったようだ。『僕と生きる人生』で監督を務めたのは、『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』(2017)で知られ、夫婦で活動するジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス。ジョナサン・デイトンが「私たちがポールを待つということはありませんでした。コンピューターを待つことはありましたけどね。ポールは失敗を知りません。いつもダンサーかアスリートのようでした」と語れば、ヴァレリー・ファリスは「タイミングが彼の頭の中にあるんです。並外れた才能ですよ」と称賛している。

ジョナサン・デイトン (左)、ヴァレリー・ファリス(右)。 Screenshot from Netflix YouTube

喧嘩シーンの撮影秘話

『僕と生きる人生』の撮影における最大の難関は、二人のマイルズが大喧嘩を繰り広げる場面。このシーンだけは二人の役者を立てる必要があり、ポール・ラッドに似た体型の兄弟俳優が起用されている。

Screenshot from Netflix YouTube

なお、家の中がめちゃくちゃになるこのシーンは、『僕と生きる人生』の脚本を手がけ、製作総指揮も務めたティモシー・グリーンバーグが友人と大げんかした実際の経験から書かれたものだという。

ポール・ラッド「こんなの初めて」

わずかな時間で撮影されたという複雑なシーンの数々だが、いずれも“自分と向き合う”という点で心理学的な意味を持つ描写ばかりだ。ポール・ラッドは「こんなの初めて」と語っているが、ヴァレリー・ファリス監督は、これらのシーンの撮影は「ポールの才能なしには成し得なかった」と語っている。

ポール・ラッドが一人二役を演じたSFコメディドラマ『僕と生きる人生』は、Netflixで独占配信中。

『僕と生きる人生』(Netflix)

『僕と生きる人生』のあらすじは以下の記事から。

– Thumbnail –
Netflix YouTube
– Source –
Netflix YouTube

VG+編集部

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 『GOTHAM/ゴッサム』俳優陣がDCEUへの合流に言及「やるなら皆で」

  2. 『GOTHAM/ゴッサム』シーズン5放送開始でネットは“祭り”に——“テレビドラマ”の底力を見せる

  3. 『高い城の男』シーズン4完成間近? 木戸大尉もクランクアップ

  4. 『高い城の男』シーズン1でナチス側のキャラを演じたキャストをおさらい―Vol.1 ジョン・スミスを演…

今週の人気記事

新着記事

今月の人気記事

PAGE TOP