注目の記事 PICK UP!

カニエ・ウェストのTwitterに大友克洋が登場——「『AKIRA』は最大のインスピレーションだった」

カニエ「『AKIRA』は最大のインスピレーションだった」

『AKIRA』の大友克洋がカニエのTwitterに登場

ラッパーで音楽プロデューサー、事業家としても活躍するカニエ・ウェストのTwitterに、『AKIRA』(1982-1990)の作者として知られる大友克洋監督が登場した。カニエは、自身のブランドシューズである“YEEZY WAVE RUNNNER 700”を手にした大友監督の写真を投稿。「『AKIRA』の生みの親、大友克洋。この映画は僕の創作活動にとって、最大のインスピレーションだった」とコメントを添えた。

かねてから表明されていた『AKIRA』愛

カニエはこの7月、一年ぶりの来日を果たすと、大友監督の下を訪ねている。『AKIRA』のコラージュ・アーティストである河村康輔のInstagramでは、大友監督との記念写真が公開されていた。

Kosuke Kawamuraさん(@kosukekawamura)がシェアした投稿

カニエのAKIRA愛は以前から表明されており、2007年に発表した「Stronger」では、全編にわたって『AKIRA』をオマージュしたミュージックビデオを制作している。カタカナが踊り、『AKIRA』の劇中シーンが“カバー”されたこのMVは、当時大きな話題を呼び、「Stronger」は全米チャート1位を獲得している。

カニエ・ウエストは、6月に自身8枚目のアルバム『Ye』を発売すると、8度目となる全米アルバムチャート1位を獲得した。その他にも、大統領選への出馬宣言や奇抜なファッションなど、度々世間を騒がせている。そんな彼だが、今回のツイートでは、自身のルーツとなったクリエイターにはしっかり敬意を払う姿が確認されることとなった。

世界に影響を与えた『AKIRA』

カニエ・ウェストのみならず、『AKIRA』がヒップホップの世界に与えた影響は大きい。カニエと同じシカゴ出身のラッパー、ルーペ・フィアスコは、2014年に発売した5枚目のアルバムに『Tetsuo & Youth』と名付けている。“Tetsuo”は『AKIRA』に登場する島鉄雄というキャラクターから引用したものだ。また、音楽界では“AKIRA風”のミュージックビデオは、もはや一つのジャンルと化している。かつて、オリバー・ストーン監督の映画『ウォール街』(1987)を知っていることが、アメリカ人にとって“教養”であったように、『AKIRA』もまた、クリエイターの世界では一つの“スタンダード”となっているのだ。

– Thumbnail –
via: © 1998マッシュルーム/アキラ製作委員会, © 2018 Hulu
– Source –
Kanye West Twitter

VG+編集部

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 『未来のミライ』が本日公開! 8月にはアジア各地でも続々公開

  2. 『ペンギン・ハイウェイ』を観た少年少女たちは、『惑星ソラリス』に辿り着く

  3. 【レビュー】『未来のミライ』から読み取る「他者への想像力」—「家族の物語」を越えて

  4. Netflixにて『GODZILLA 決戦機動増殖都市』独占配信開始! 海外ゴジラファンからも反響

  5. 細田守最新作! 『未来のミライ』が7月20日より公開。88の国と地域で配給予定

  6. 今敏賞受賞の『ペンギン・ハイウェイ』 「超新星コンビ」と「京都タッグ」の製作陣に期待

  7. 円谷プロから秋の新作アニメが続々登場 『SSSS.GRIDMAN』『怪獣娘(黒)』

  8. 「人間」は英語で〇〇!? 英語版『DEVILMAN crybaby』の意外なこだわり

  9. 電子音とラップが蘇らせたデビルマン。音楽から見る『DEVILMAN crybaby』

人気記事

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP