新井素子編『ショートショートドロップス』が文庫版で登場! 上田早夕里、恩田陸、萩尾望都ら、女性作家による短編15作品を収録 | VG+ (バゴプラ)

新井素子編『ショートショートドロップス』が文庫版で登場! 上田早夕里、恩田陸、萩尾望都ら、女性作家による短編15作品を収録

©KADOKAWA CORPORATION 2021

『ショートショートドロップス』が文庫で登場

作家の新井素子が編んだショートショートアンソロジー『ショートショートドロップス』が角川文庫より2021年1月22日(金)に発売される。『ショートショートドロップス』は2019年2月にキノブックスから発売された短編集で、「女性作家によるショートショート集」というコンセプトから誕生した作品。タイトルにある “ドロップス” (キャンディ) という言葉どおり、多種多様なショートショート作品が収められている。

¥726 (2021/02/26 06:58:12時点 Amazon調べ-詳細)

『ショートショートドロップス』に参加しているのは、上田早夕里、恩田陸、萩尾望都ら、錚々たる面々。新井素子が200〜300冊の本と文芸誌を読んだ上で選んだ筆者たちだ。新井素子自身の作品「のっく」を含む15編が収録されている。

『ショートショートドロップス』収録の作家と作品 (五十音順)
新井素子「のっく」
上田早夕里「石繭」
恩田陸「冷凍みかん」
図子慧「ダウンサイジング」
高野史緒「舟歌」
辻村深月「さくら日和」
新津きよみ「タクシーの中で」
萩尾望都「子供の時間」
堀真潮「トレインゲーム」
松崎有理「超耐水性日焼け止め開発の顛末」
三浦しをん「冬の一等星」
皆川博子「断章」
宮部みゆき「チヨ子」
村田沙耶香「余命」
矢崎存美「初恋」

新井素子は1977年に『あたしの中の……』が第1回奇想天外SF新人賞で佳作に入選し、17歳でデビュー。1981年には、後に映画化もされた「グリーン・レクイエム」で第12回星雲賞日本短編部門を受賞し、翌年の第13回星雲賞でも「ネプチューン」が日本短編部門を受賞している。1999年には『チグリスとユーフラテス』で第20回日本SF大賞を受賞した。2020年にはフジテレビ『世界SF作家会議』に、2021年1月には『第2回世界SF作家会議』に出演し、藤井太洋、小川哲らとコロナ後の世界と未来について議論を交わした。

新井素子編『ショートショートドロップス』は、角川文庫より2021年1月22日(金)発売。

¥726 (2021/02/26 06:58:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 久生十蘭「水草」の英訳が幻想文学誌 Welkin Magazineに掲載 Toshiya Kameiによる翻訳

  2. 第3波の今読むべき! 藤井太洋『距離の嘘』がKindleで配信 ポストコロナの未来を描くSF中編

  3. 『指輪物語』のトールキンが、フランク・ハーバートの小説『デューン/砂の惑星』について語らなかった理由

  4. 東京創元社より「宇宙」と「時間」をテーマにしたSFアンソロジーが同時発売 酉島伝法、八島游舷ら創元SF短編賞受賞者が勢ぞろい