ゲンロンSF文庫より榛見あきる『虹霓のかたがわ』が1月15日刊行 第4回ゲンロンSF新人賞受賞作 | VG+ (バゴプラ)

ゲンロンSF文庫より榛見あきる『虹霓のかたがわ』が1月15日刊行 第4回ゲンロンSF新人賞受賞作

© Genron Co., Ltd.

榛見あきる『虹霓のかたがわ』2022年1月15日発売

ゲンロン 大森望 SF創作講座から傑作を刊行する電子書籍レーベルのゲンロンSF文庫より、第4回ゲンロンSF新人賞を受賞した榛見あきる『虹霓のかたがわ』が2022年1月15日(土)に発売される。

『虹霓のかたがわ』は近未来のチベットを舞台にしたSF小説。ゲンロン編集部からは「同地の仮面舞踏を大胆に翻案し、信仰と技術、身体とアバター、伝統と未来が混ざり合う臨界点を描きます」と紹介されている。ゲンロンSF新人賞受賞時の「踊るつまさきと虹の都市」から改題し、内容もグレードアップしたバージョンになるという。

また、『虹霓のかたがわ』には評論家で書評家の大森望による解題に加え、チベット語・チベット文学研究者の星泉による解説も収録される。表紙の装画を手掛けたのは『流転のテルマ』(2014-2016) などのチベットを題材にした漫画作品で知られる蔵西。第4回ゲンロンSF新人賞で選考委員(審査員)を務め、『歓喜の歌 博物館惑星III』(2020) で第41回日本SF大賞を受賞した菅浩江が推薦文を寄せている。

第4回ゲンロンSF新人賞ではゲンロン 大森望 SF創作講座で提出された27作品の中から7作品が最終候補に選ばれた。今回『虹霓のかたがわ』として刊行される榛見あきる「踊るつまさきと虹の都市」が正賞を受賞した他、 藍銅ツバメ「めめ」が優秀賞、今野あきひろ「受戒」が大森望賞、稲田一声「おねえちゃんのハンマースペース」が東浩紀賞を受賞した。

なお、第4回ゲンロンSF新人賞優秀賞を受賞した藍銅ツバメは『鯉姫婚姻譚』で2021年日本ファンタジーノベル大賞を受賞。こちらは新潮社から単行本として刊行される予定となっている。

ゲンロンSF文庫は2020年6月に始動。第一弾として、第3回ゲンロンSF新人賞受賞の琴柱遥『枝角の冠』、同大森望賞受賞の進藤尚典『推しの三原則』が電子書籍として刊行され、過去に電子書籍として発売された高木ケイ『ガルシア・デ・マローネスによって救済された大地』、アマサワトキオ『ラゴス生体都市』、麦原遼『逆数宇宙』もリニューアル版が刊行されている。

ゲンロンSF文庫の全作品はゲンロンショップでePub版が購入できる。榛見あきる『虹霓のかたがわ』の販売ページは2022年1月15日(土)に公開される。

ゲンロンショップ  ゲンロンSF文庫

Kindleでも発売中。

SFメディア バゴプラが運営するSFオンライン誌 Kaguya Planet では、ジェンダーSF特集を開催中。高山羽根子さんの小説をはじめ、「魔女」「おばあちゃん」「ケア」をテーマにしたSFを配信中です。詳しくはこちらから。

Kaguya Planetでは、ゲンロン 大森望 SF創作講座出身の揚羽はな麦原遼原里実によるSF短編小説と名倉編へのインタビューを配信中。

バゴプラからは、新SFレーベル Kaguya Books が始動します。こちらもお楽しみに!

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. Kaguya Planetにてアンコールアンケート実施

    2. 星々を目指した女性パイロット描く——メアリ・ロビネット・コワル『宇宙【そら】へ』 SF最高賞三賞を制した歴史改変SFが8月20日発売

    3. 同人作品のプラットフォームにSF最高賞——ヒューゴー賞を受賞した AO3 が築いたものとは

    4. 第二回かぐやSFコンテスト 読者投票期間終了 選外佳作リストを公開!