ドゥニ・ヴィルヌーヴ版『デューン』 驚異のこだわりが明らかに。砂虫のデザインに丸一年を費やしていた | VG+ (バゴプラ)

ドゥニ・ヴィルヌーヴ版『デューン』 驚異のこだわりが明らかに。砂虫のデザインに丸一年を費やしていた

Warner Bros. Photo by Chiabella James

『デューン』の世界観をどう再現するか

『ブレードランナー 2049』(2017)で知られるドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が、1965年に執筆されたフランク・ハーバートの人気SF小説をよみがえらせる。2020年最注目の映画作品の一つにも数えられる『デューン (邦題未定、原題: Dune)』は、1984年にデヴィッド・リンチ監督が実写映画化した『デューン/砂の惑星』以来、36年ぶりの『デューン』劇場映画作品となる。

ヴィルヌーヴ監督によるリブート版『デューン』は、ティモシー・シャラメ、レベッカ・ファーガソン、オスカー・アイザック、ゼンデイヤ、ジェンソン・モモアといった豪華キャスト陣がその魅力の一つだ。

一方で、『デューン』の映像化において重要になるのは、いかにその世界観を再現するかという点だ。4月に初めてリブート版『デューン』の劇中写真が公開された際には、「デューン」シリーズの後継者であり原作者フランク・ハーバートの息子であるブライアン・ハーバードがその世界観を賞賛している。

リブート版『デューン』を二本の映画に分けて製作される予定となっているが、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督はそのデザインに相当なこだわりを見せているようだ。

砂虫 (サンドワーム) へのこだわりが明らかに

特に、デヴィッド・リンチ監督の『デューン/砂の惑星』でも印象的な姿を映し出した砂虫 (サンドワーム) については、徹底的な議論が行われたという。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は、Empire誌の2020年夏号で以下のように語っている。

皮膚の質感、口の開き方、砂の中で食料を捕獲するシステムなど、このような生物の存在を可能にするため、あらゆるディテールについて話し合いました。これをデザインし、古めかしくも完璧なシェイプを見つけ出すまでに丸1年かかりました。

なんと、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督版『デューン』の砂虫は、実際に生物として存在していてもおかしくないように、徹底した考証が加えられているのだという。更に、リブート版『デューン』の撮影は実際の砂漠で行われたということも明らかにしている。その暑さは「電子レンジのようだった」のだとか。

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がこだわり抜いた『デューン』は、一体どのような作品になるのだろうか。

リブート版『デューン』は2020年12月18日に米公開予定。

リブート版『デューン』に出演するオスカー・アイザックのコメントは以下の記事から。

デヴィッド・リンチ監督版『デューン』で主演を務めたカイル・マクラクランも、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督版『デューン』で主演を務めるティモシー・シャラメについてコメントを出している。

Source
Empire Summer 2020

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. Netflix『流転の地球』配信をアメリカが無視? 米メディアが驚き「宣伝なし、誰も気付かず」

  2. 『新世界より』貴志祐介、町山智浩、各界著名人から『ドクター・スリープ』へのコメントが到着

  3. 4猫1役『キャプテン・マーベル』でグースを演じた”ネコチーム”の正体。過去の出演作は?

  4. 映画『ジョーカー』トーマス・ウェインは“トランプ過ぎて”俳優交代——「バットマンの父」を演じた歴代俳優は…?