映画『バービー』初映像が米公開 『ハーレイ・クイン』のマーゴット・ロビー主演で実写化 シム・リウの姿も | VG+ (バゴプラ)

映画『バービー』初映像が米公開 『ハーレイ・クイン』のマーゴット・ロビー主演で実写化 シム・リウの姿も

(C) Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

映画『バービー』初映像が公開

世界的に知られる着せ替え人形のバービーを実写映画化するワーナー・ブラザースの映画『バービー(原題:Barbie)』より、初めてのティーザートレーラーが公開された。主演を務めるマーゴット・ロビーのバービー姿に加え、ライアン・ゴズリングが演じるケンも登場している。

今回の映像は「昔々、最初の女の子が存在したときから人形はありました。しかし、人形は常に赤ちゃんのドールでした」というナレーションから始まり、マーゴット・ロビーが演じる巨大なバービーが登場。バービー人形の登場によって、「女の子は赤ちゃんの人形で遊ぶ」という人形遊びの概念が変わったことを示唆して『バービー』のタイトルロゴが映し出される。

この冒頭は、『2001年宇宙の旅』(1968)の冒頭シーンのオマージュ、というより完全再現となっている。サルを進化させるモノリスに代わり、巨大なバービーの足が立っているのだ。

ラストの10秒ではピンク色で統一されたバービー人形の世界や、ライアン・ゴズリングが演じるケン、イッサ・レイシム・リウの姿も確認できる。2023年7月21日(金)の米公開が予告され、今回のティーザー予告は幕を閉じる。

映画『バービー』の主演を務めるのは、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』(2020)などのDC映画でハーレイ・クインを演じてきたマーゴット・ロビー。『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2017)で実在の元フィギュアスケート選手トーニャ・ハーディングを演じ、アカデミー主演女優賞を受賞したことでも知られる。

バービーの恋人であるケンを演じるのは、映画『ハーフネルソン』(2006)、『ラ・ラ・ランド』(2016)でアカデミー主演男優賞にノミネートされたライアン・ゴズリング。SF映画『ブレードランナー 2049』(2017)でも主演を務め、近年も『ファーストマン』(2018)、『グレイマン』(2022)といった映画に主演で出演している。

今回のティーザー映像では、MCU映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(2021)で一躍ハリウッドスターの仲間入りを果たしたシム・リウの姿も見られた。イッサ・レイは先日予告編が公開された映画『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』(2023)では、スパイダーウーマンことジェシカ・ドリューの声を担当する。

映画『バービー』の指揮をとるのはグレタ・ガーウィグ監督。『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(2019)の監督として知られ、『レディ・バード』(2017)ではアカデミー監督賞と脚本賞にノミネートされている。

「ジュラシック・ワールド」シリーズでメイジー役を演じたイザベラ・サーモンは、一緒に仕事をしたい人物としてグレタ・ガーウィグ監督の名前を挙げている

なお、『バービー』の米公開日である2023年7月21日は、クリストファー・ノーラン監督最新作『オッペンハイマー』の公開日と同日となっている。同作はクリストファー・ノーラン監督が長年手を組んできたワーナー・ブラザースを離れ、ユニバーサルから公開する作品。ワーナー・ブラザースはかつての盟友に『バービー』で真っ向勝負を挑むことになる。

『バービー』では一体どんな物語が描かれるのだろうか。続報を待とう。

映画『バービー』は2023年8月11日(金・祝)より日本の劇場で公開。

映画『バービー』公式サイト

早くも出ている続編についての情報はこちらから。

 

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. 【ネタバレ解説】『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』でドクの名言が教えてくれたこと

  2. 『シャザム!』ザッカリー・リーヴァイの筋肉は本物……肉体改造に1年半、サプリの会社まで立ち上げていた

  3. 『ブルービートル』監督作「トランスフォーマー」スピンオフにトラブル?

  4. リメイク版『ニューヨーク1997』ワイアット・ラッセルはスネーク役「絶対にやりたくない」