【本日配信】日本SF作家クラブ × SFメディアVG+ イベント「みんなで考えよう! SF掌編コンテストの未来」が3/25開催 | VG+ (バゴプラ)

【本日配信】日本SF作家クラブ × SFメディアVG+ イベント「みんなで考えよう! SF掌編コンテストの未来」が3/25開催

日本SF作家クラブ×バゴプラ

SFオンライン誌 Kaguya Planet と、SF書籍レーベル Kaguya Booksを運営するSFウェブメディア バゴプラは、日本SF作家クラブ共催の配信イベント「みんなで考えよう! SF掌編コンテストの未来」を開催します。

4,000字以内のSF小説コンテスト「かぐやSFコンテスト」を開催してきたバゴプラと、10,000字以内で同じ書き出しを共有する「日本SF作家クラブの小さな小説コンテスト」を開催した日本SF作家クラブが、ウェブ上で開催されるSF掌編コンテストの未来について考えます。

本イベントには、日本SF作家クラブから会長の池澤春菜さん、作家の長谷敏司さん、門田充宏さんが、バゴプラからはクリエイティブ部門を担当する井上彼方と、経営部門を担当する齋藤隼飛が出演します。ウェブの小説コンテストはどうあるべきなのか、持続可能なコンテスト運営、読み手・書き手・運営の三者にとって望ましい形とは……コンテスト運営に携わってきたそれぞれの立場でトークを行います。また、参加者の皆さんからのご意見とご質問も受け付けております。

配信イベント「みんなで考えよう! SF掌編コンテストの未来」概要
主催:バゴプラ 共催:日本SF作家クラブ
日時:3月25日(金) 21:00〜22:30
参加方法:Zoom配信、イベント当日までに配信URLをお送りします(配信から1週間はアーカイブが視聴可)。
チケット:Peatix

出演者プロフィール

池澤春菜
日本SF作家クラブ会長。声優、エッセイスト。SFマガジン連載『SFのSは、ステキのS』、『NOVA 2021年夏号』(河出文庫) にSF短編小説『オービタル・クリスマス』(原作 堺三保)などを執筆。

¥1,100 (2022/10/02 07:23:01時点 Amazon調べ-詳細)

長谷敏司
SF・ファンタジー小説家。2015年、『My Humanity』で第35回日本SF大賞を受賞。
『BEATLESS』とその関連作品の世界観と設定を開放する『アナログハック・オープンリソース』を運営中。

¥1,936 (2022/10/01 21:16:41時点 Amazon調べ-詳細)

門田充宏
SF作家。2014年に「風牙」で第5回創元SF短編賞を受賞。2018年に「風牙」にはじまる連作短編集『風牙』(創元日本SF叢書)を刊行。

¥1,935 (2022/10/02 12:35:43時点 Amazon調べ-詳細)

井上彼方
オンラインSF誌 Kaguya Planet コーディネーター。編著に『社会・からだ・私についてフェミニズムと考える本』(社会評論社)、『かぐやSFアンソロジー(仮)』(社会評論社, 2022年8月刊行予定)。

齋藤隼飛
SFメディアVG+(バゴプラ) を運営するVGプラス合同会社エグゼクティブ・ディレクター。編著 『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。

Kaguya Books 始動

バゴプラでは、かぐやSFコンテストを起点にした『かぐやSFアンソロジー(仮)』から始まる新SFレーベル Kaguya Books が始動します。3月31日(木) まで書籍の先行予約と共にプロジェクトを応援できるクラウドファンディングを開催中ですので、ぜひ応援をよろしくお願いします!

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 12月のジェンダーSF特集、執筆者発表!公募も【Kaguya Planet】

    2. 北野勇作・剣先あやめ・堀部未知・不破有紀・伊藤螺子「200文字怪談」、アヴラ・マルガリティ「ミツバチたちの死」(翻訳:日本橋和徳) 、ジョイス・チング「まめやかな娘」(翻訳・解説:紅坂紫)一般公開!【Kaguya Planet】

    3. テーマは「未来の学校」 第一回かぐやSFコンテスト開催 最大4,000字の小説で海外に挑戦。最優秀賞は英中翻訳、審査委員長に橋本輝幸

    4. Kaguya Planet 4月の先行公開、麦原遼「それはいきなり繋がった」、D・A・シャオリン・スパイアーズ「虹色恐竜」(勝山海百合 訳) の配信開始