キャスト紹介『ザ・フラッシュ』キャラクター本編映像解禁 | VG+ (バゴプラ)

キャスト紹介『ザ・フラッシュ』キャラクター本編映像解禁

©2023 WBEI TM & ©DC

2023年6月16日世界同時公開!

ヘンリー・カヴィル演じる惑星クリプトンから究明ポッドに乗って地球に不時着し、アメリカ合衆国カンザス州スモールビルで育ったカル=エル/クラーク・ケントが、田舎の純朴な農家の青年から市民の希望の星であるスーパーマンになるまでを描いたザック・スナイダー監督作『マン・オブ・スティール』(2013)から始まったDCEU(DCエクステンデッドユニバース)。

それが2023年6月16日全世界同時公開のアンディ・ムスキエティ監督作『ザ・フラッシュ』によってDCU(DCユニバース)へと再構築される。『ザ・フラッシュ』では地上最速のヒーローであり、その超スピードから時空さえ超えることが可能なフラッシュことバリー・アレンが母親の死と無実の罪で服役した父親を救うために時間改変をした結果、かつての仇敵が復活してしまうという物語となっている。『ザ・フラッシュ』は2024年3月6日にNetflixでも配信が開始される。

コミック『フラッシュ・ポイント』を下敷きに時間改変や時空を超越することによって、これまでの様々なDCコミックスの映像作品からのサプライズゲストが登場することが発表されている『ザ・フラッシュ』だが、本記事では国内だけではなく国外でも発表されている範囲のキャラクターの設定に関する情報を含むので、情報を入れずに鑑賞したいと思われている方は注意していただきたい。

¥4,351 (2024/07/18 23:51:26時点 Amazon調べ-詳細)

DCEUのスーパーヒーロー

フラッシュ/バリー・アレン 演:エズラ・ミラー(吹替声優:細谷佳正)

『ザ・フラッシュ』において時間改変を行ってしまい、世界に窮地に陥れてしまうヒーローで主人公がエズラ・ミラー演じるフラッシュことバリー・アレンだ。フラッシュはスピードフォースという運動エネルギーだけの世界からエネルギーを得ており、それによって物理法則を半ば無視した超高速移動が可能となっているセントラルシティで活躍するヒーローだ。私生活では父親の無実を証明するために警察法医学捜査官として働いている。

 

スーツのデザインは『ジャスティス・リーグ』(2017)のスーツから、全身を覆う一繋がりの赤いタイツに金色のブーツとコミック版よりのデザインに変更されており、指輪から圧縮したスーツを取り出せるなど、全体的にコミックよりのデザインになっている。

DCEUの世界のフラッシュ/バリー・アレンはヒーローチームのジャスティス・リーグに属しており、バットマン/ブルース・ウェインと連絡を取る場面が予告編では描かれている。遅刻しそうな際にブルース・ウェインの執事のアルフレッド・ペニーワースがブルース・ウェインと通信を繋ごうとすると、やめてと懇願するなどバットマン/ブルース・ウェインに苦手意識を持ち、好きなアイリス・ウェストの前ではブルース・ウェインのことをUberと偽ってかっこつけるなど若者の側面が強調されている。

時空を移動できるようになるとわかると、両親を救うために時間改変をすべきだと真っ先に提案しており、バットマン/ブルース・ウェインにそれは世界を壊すと苦言を呈されている。それに対して、今まで救えなかった人をすべて救えるや、ブルース・ウェインの両親も救えるというなど時間改変に執着している。

フラッシュ/バリー・アレンを演じるエズラ・ミラーだが、度重なる逮捕や有罪判決に12歳の少女に対するグルーミング疑惑など不祥事が絶えず、現在でワーナー・ブラザーズ・ディスカバリーの支援のもと治療受けていると発表されている。DCUにおいて新しく舵を切ることになった「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズでも有名なジェームズ・ガン共同CEOはセカンド・チャンスを重視することが多く、「様子を見よう」と発言しているが、ファンの間では『ザ・フラッシュ』でエズラ・ミラーはリキャストされるのではないかといううわさが飛び交っている。

バットマン/ブルース・ウェイン 演:ベン・アフレック(吹替声優:小原雅人)

世界有数の大企業のウェイン・エンタープライズによる豊富な資産を用いて、ゴッサム・シティで悪と戦うクライムファイターがベン・アフレック演じるバットマンことブルース・ウェインだ。バットマン/ブルース・ウェインは両親を幼少期に路地裏で強盗に殺され、そのトラウマからヒーローとして戦うようになった境遇の持ち主だ。

フラッシュ/バリー・アレンとは、同じジャスティス・リーグのメンバーだけではなく両親の喪失のトラウマをヒーロー活動という暴力で解消し、それによって問題の本質から目を背けているという共通点がある。フラッシュやその他のヒーローとは異なりスーパーパワーは持っておらず、最新テクノロジーと幼少期から仕えてくれている執事のアルフレッド・ペニーワースの支援で犯罪者と戦っている。

性格はどのヒーローよりも用心深く、『ザ・フラッシュ』ではフラッシュ/バリー・アレンに時間改変による危険性を説いているだけではなく、コミックでは1%でも敵になる可能性があればジャスティス・リーグのメンバーの弱点を用意し、バットマンの基地であるバットケイブには様々なヒーローの弱点を用意しているほどである。『ザ・フラッシュ』でバットマン/ブルース・ウェインを演じるベン・アフレックは『ザ・フラッシュ』でこの役からの卒業を宣言している。

時間改変後のヒーロー

もう一人のフラッシュ/バリー・アレン 演:エズラ・ミラー(吹替声優:細谷佳正)

DCEUのフラッシュ/バリー・アレンが時間改変を行ったことで新たに生まれた世界で生きるバリー・アレン。両親を失っていないため、父親の無実を証明するために科学捜査官を志す、フラッシュとなってヒーロー活動などをするといったことなどをせずに明るく家族で暮らしている。

そのため、DCEUのバリー・アレンとは異なり性格は楽観的な面が目立ち、ヴィランとの戦いにもなれていない。しかし、時間改変によるヴィランたちの復活から世界を守るDCEUのバリー・アレンが苦悶の表情を浮かべ、その体を経由した雷を浴びることでDCEUのバリー・アレン同様にスピードスター(超高速で動けるヒーロー・ヴィランの総称)となった。

時間改変後のフラッシュスーツはバットマンのスーツを改造したようなもので、全体的に黒っぽい色合いになっている。バットマンのとんがり耳に似たパーツもついており、バットマンの手助けのもとでつくられたことが窺える。

演じるのはエズラ・ミラーの一人二役で、吹替声優も細谷佳正が兼任している。この点に関しては、アンディ・ムスキエティ監督も細谷佳正の同じバリー・アレンでありながら育った境遇の違いによる性格の違いを丁寧に演じ分けていると評している。

バットマン/ブルース・ウェイン 演:マイケル・キートン(吹替声優:山寺宏一)

時間改変によるまったく別のバットマン/ブルース・ウェインで、予告編では伸ばしたままの髪や廃墟同然のウェイン邸で暮らすなど世捨て人同様の生活をしていたと思われる。マイケル・キートン演じるバットマン/ブルース・ウェインはティム・バートン監督作の大ヒット作『バットマン』(1989)と続編『バットマン リターンズ』(1992)から登場であり、それらはアース-89の世界の出来事とされてきた。

音楽もオインゴ・ボインゴの元リーダーで、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』(1993)などを手掛けたダニー・エルフマンの作曲したバットマンのテーマが流れるなど、アース-89を思わせる演出が多い。他にも「私がバットマンだ(I‘m Batman)」や「イカれてるだろ?派手に行くか(You wanna get nuts⁉ Let’s get nuts)」など名台詞も多数登場している。

スーパーガール/カーラ・ゾー=エル 演:サッシャ・ガジェ(吹替声優:橋本愛)

スーパーマンが消滅した世界で、政府の地下施設に監禁されていたクリプトン人がスーパーガール/カーラ・ゾー=エルである。その能力はスーパーマンに匹敵し、ときにはそれを超えるとも言われている。長年、地下に監禁されていたためかクリプトン人の文化を知らず、希望の象徴である「S」に似たエル家の紋章などを知らず、バリー・アレンに意味を訪ね、希望の象徴と返される場面も存在している。

サッシャ・ガジェが演じるスーパーガール/カーラ・ゾー=エルは歴代はじめてのコロンビア系のスーパーガールであり、サッシャ・ガジェ自身も現実世界で希望の象徴になりたいといった旨の発言をしている。また、サッシャ・ガジェはドラマ版『SUPERGIRL/スーパーガール』(2015-2021)でスーパーガール/カーラ・ダンバースを演じたメリッサ・ブノワやDCEUのスーパーマンであるヘンリー・カヴィルからアドバイスをもらっており、ヘンリー・カヴィルは『ザ・フラッシュ』に好意的な意見を述べた。

日本語吹替声優は『あまちゃん』(2013)や『桐島、部活やめるってよ』(2013)で高い評価を博した橋本愛で、オーディションの末にスーパーガール/カーラ・ゾー=エルの役となりアンディ・ムスキエティ監督からも太鼓判をもらっている。

復活した最強の敵

ゾッド将軍 演:マイケル・シャノン(日本語吹替:広瀬彰勇)

かつて『マン・オブ・スティール』の際に地球に襲来し、ジェネシス・チェンバーやワールドエンジンなどの装置を用いて人類を滅ぼし、その瓦礫の上に惑星クリプトンの再建を試みたクリプトンの軍人。『マン・オブ・スティール』ではヘンリー・カヴィル演じるスーパーマン/カル=エル/クラーク・ケントとの死闘の末に倒されたが、『ザ・フラッシュ』では時間改変の末に復活した上、人類にはスーパーマンも存在しないという危機的な状況に追い込まれている。

ゾッド将軍を演じたマイケル・シャノンは『ジャスティス・リーグ』の撮影時に娘を自殺で喪い、それによって降板したザック・スナイダー監督に対するワーナーとDCの上層部の不義理な態度などを理由に当初は復帰に乗り気ではなかったと報道されている。しかし、ザック・スナイダー監督からのお墨付きなどをもらったことで、スーパーガールと対等に渡り合える数少ない最強のヴィランとして復帰を果たした。

ヒーローたちを取り巻く人々

アルフレッド・ペニーワース 演:ジェレミー・アイアンズ

長年ウェイン家に仕え、ベン・アフレック演じるDCEUのバットマン、ブルース・ウェインを公私ともにサポートする執事。ときには毒舌的な発言もあり、ブルース・ウェインにチクりと一言突き刺すこともある。幼少期のブルース・ウェインを支えてきたアルフレッド・ペニーワースだが、バットマンとしての最新テクノロジーを扱うなど軍事参謀めいたこともすることもある。

これらの能力は作品によってはもともとイギリスの特殊部隊に所属していた、第二世界大戦の特殊作戦執行部に所属していたからといった理由から来ていることが多い。時間改変後のマイケル・キートン演じるバットマンの世界でアルフレッド・ペニーワースがどうなっているかは不明だが、『バットマン』と『バットマン リターンズ』でアルフレッド・ペニーワースを演じたマイケル・ガフが亡くなっていることや、世捨て人のような生活をしているブルース・ウェインをとがめる人物がいないことからアルフレッド・ペニーワースが亡くなっている可能性が高い。

Netflixで配信されているバットマンたちのサイドキック(若い相棒たち)の活躍を描いた『TITANS』(2018-2023)ではアルフレッド・ペニーワースが亡くなったことでバットマン/ブルース・ウェインが急速におかしくなりはじめているので、バットマン/ブルース・ウェインの最後の良心という顔も併せ持つ。

ノラ・アレン 演:マリベル・ベルドゥ

フラッシュ/バリー・アレンの母親であり、バリー・アレンの幼少期に自宅で何者かによって殺害されてしまった人物。ノラ・アレンの夫であり、バリー・アレンの父親であるヘンリー・アレンは妻殺害の容疑で逮捕され、バリー・アレンはそれらすべての問題を解決するために時間改変を試みる。

そのような物語のキーパーソンであるノラ・アレンを演じるのは、ギレルモ・デル・トロ監督作『パンズ・ラビリンス』(2006)で、メルセデスを演じたマリベル・ベルドゥである。ノラ・アレンはバリー・アレンのことを私の可愛いお猿さんと呼ぶなど、かつては仲睦まじく、それがフラッシュを過去へと駆り立てる最大の理由となっている。

ヘンリー・アレン 演:ロン・リビングストン

ノラ・アレン殺害の無実の罪で投獄されてしまったバリー・アレンの父親。バリー・アレンはフラッシュとしての力と警察法医学捜査官としての立場を活かして無実を証明しようとしているが、ヘンリー・アレン自身はバリー・アレンに前に進んでほしいと願っている。

コミックやドラマ同様、バリー・アレンのことをチャンピオンと呼ぶ人物でもある。チャンピオンは日本語では優勝者という意味合いが強いが、英語では弱者を守る勇者の意味もあり、ヘンリー・アレンがバリーに向ける愛が伝わってくる。また、ヘンリー・アレンは『ジャスティス・リーグ』でのビリー・クラダップからロン・リビングストンに変更されている。

アイリス・ウェスト 演:キアシー・クレモンズ

セントラルシティに拠点を置くマスメディアであるピクチャー・ニュースのジャーナリストであり、バリー・アレンの恋人。ノラ・アレンが変えてでも守りたい過去だとすれば、アイリス・ウェストは変えたくない守りたい現在にあたる人物。コミックやドラマでは弟のウォーリー・ウェストがフラッシュのサイドキックであるキッド・フラッシュというスピードスターになり、さらにはフラッシュの名を襲名している。

数多くの豪華キャスト

このほかにもゾッド将軍の部下であるクリプトン人の軍人のファオラ=ウル役にアンチュ・トラウェが『マン・オブ・スティール』より再登板するなど、まだまだ豪華な追加キャストが登場するとされ、カメオ出演などでも有名キャラクターやキャストが登場するとされている。そのため、今後のキャスト発表にも注目していきたい。

『ザ・フラッシュ』は2024年3月6日よりNetflixにて配信開始。

映画『ザ・フラッシュ』公式サイト

¥4,351 (2024/07/18 23:51:26時点 Amazon調べ-詳細)

『ザ・フラッシュ』のヴィランとスーパーガールについての解説&考察はこちらの記事で。

DCU最初の映画となる『ブルービートル』予告の解説&考察はこちらから。

『ザ・フラッシュ』公開までの経緯のまとめはこちらから。

DCU10年計画『神々と怪物』の全作品の紹介はこちらから。

ヘンリー・カヴィルのスーパーマン降板に関する経緯はこちらから。

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. ネタバレ解説『ドクター・ストレンジ MoM』と『ムーンナイト』の共通点は? テーマと言葉に注目

  2. 映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』ハイエナのブルースを演じたのは“犬”だった 当初は本物のハイエナの起用を模索【BIRDS OF PREY】

  3. 映画『ボーはおそれている』2月16日公開 “最悪”を更新していく悪夢の旅が始まる

  4. 『ボーダー 二つの世界』原作小説との違いと、各々の作品で問われたもの