『デッドプール&ウルヴァリン』にセイバートゥースが登場! 新予告編考察&解説 | VG+ (バゴプラ)

『デッドプール&ウルヴァリン』にセイバートゥースが登場! 新予告編考察&解説

©2024 Marvel

『デッドプール&ウルヴァリン』の予告編を考察&解説

ウルヴァリンの宿敵セイバートゥース登場

2024年に公開される唯一のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画である『デッドプール&ウルヴァリン』。日本では全米公開の2024年7月26日(金)よりも前倒しされた2024年6月24日(水)に公開されることが決定するなど、『デッドプール&ウルヴァリン』の注目度は高い。その新予告編が2024年6月28日(金)に公開された。そこでは24年ぶりにとあるキャラクターが登場している。

映画第1作『X-メン』(2000)以来、24年ぶりの登場になったのがタイラー・メイン演じるセイバートゥースだ。セイバートゥースは原作コミックではウルヴァリンと因縁のあるヴィランであり、同じヒーリングファクターを持っているなど能力も似ている。デッドプールもウルヴァリンvsセイバートゥースについて、「みんなが待っていた」という旨の発言をしている。

タイラー・メイン演じるセイバートゥースの登場は、『デッドプール&ウルヴァリン』の制作が発表されてからファンの間で噂されており、ついにその念願が叶う形となった。ここで注目したいのは、『デッドプール&ウルヴァリン』に登場するセイバートゥースが『X-メン』に登場したタイラー・メインが演じるバージョンのセイバートゥースだということだ。

2人のセイバートゥース

これまでの20世紀FOX制作の「X-MEN」シリーズには、2人のセイバートゥースが登場している。それはマグニートーの部下として『X-メン』に登場したタイラー・メイン演じるセイバートゥースと、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(2009)に登場したリーヴ・シュレイバー演じるウルヴァリンの兄であるセイバートゥースだ。

リーヴ・シュレイバー演じるセイバートゥースは、本名であるビクター・クリードと呼ばれることが多い。殺人衝動を抑えようとしていたウルヴァリンとは異なり、ビクター・クリードは殺人衝動のままに行動し、2人は数多くの戦争を共にするも考えの違いからその関係は険悪なものになっていった。ウルヴァリンの恋人であるシルバーフォックスの死をきっかけに2人の溝は決定的なものとなり、チームXの勧誘もあって敵対した上、別の道を歩むことになった。

2人はその後、シルバーフォックスの死が偽装されたものだったことがわかると一時休戦し、とある敵と戦うために共闘することになる。その敵こそがウィリアム・ストライカーが生み出したデッドプールだ。それもおしゃべりな傭兵のデッドプールではなく、映画「デッドプール」シリーズでライアン・レイノルズが散々ネタにしている口の無い話さないデッドプールだ。

タイラー・メイン版セイバートゥースは変異体?

それに対してタイラー・メイン演じるセイバートゥースはウルヴァリンとの因縁を感じさせない。『デッドプール&ウルヴァリン』では、デッドプールがこの俳優の違いと設定の矛盾をネタにすると考えられる。実際、デッドプールは『デッドプール2』(2018)にてプロフェッサーX/チャールズ・エグゼビアが、「デッドプール」シリーズにおいてパトリック・スチュワート版とジェームズ・マカヴォイ版のどちらかなのかとネタにしている。

他にも『デッドプール2』ではタイムトラベル装置を使ってデッドプールは、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』に登場したデッドプールを失敗だった過去として撃ち殺し、他にも映画『グリーンランタン』(2011)の出演しようとするライアン・レイノルズも撃ち殺している。デッドプールは演じているライアン・レイノルズをネタにするぐらいなので、タイラー・メイン演じるセイバートゥースとリーヴ・シュレイバー演じるセイバートゥースの違いについてネタにすることは確実だと考察できる。

特にリーヴ・シュレイバー演じるセイバートゥースが登場した『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』は記念すべきライアン・レイノルズが「X-MEN」シリーズに登場した初の作品であり、擦り切れるほどネタにしている喋らないデッドプールが登場する作品でもある。そのため、デッドプールは第四の壁を突き破ってネタにすることは確実である。

また、ウルヴァリンとセイバートゥースが対決している場所は、ドラマシリーズ『ロキ』(2021-2023)に登場した虚無空間を想起させる風景となっている。そのため、リーヴ・シュレイバー演じるセイバートゥースが神聖時間軸の正史とされ、タイラー・メイン演じるセイバートゥースはリーヴ・シュレイバー演じるセイバートゥースの変異体として“剪定”された可能性が考察できる。

『デッドプール&ウルヴァリン』ではこのような“剪定”されたMCU以前のマーベル映画のヒーローやヴィランが登場するのかもしれない。それを考えると20世紀FOX版「X-MEN」シリーズ以外にも多くのキャラクターの登場が期待できる。公開まで1か月を切り、新しい予告編が公開されていく『デッドプール&ウルヴァリン』に登場するキャラクターに胸が高鳴る。

『デッドプール&ウルヴァリン』は2024年6月24日(水)に全国劇場公開。

『デッドプール&ウルヴァリン』公式ページ

『デッドプール&ウルヴァリン』の予告編第1弾の考察と解説はこちらから。

『デッドプール&ウルヴァリン』に登場する5人のヴィランについてはこちらから。

『デッドプール&ウルヴァリン』に登場する可能性があるレディ・デッドプールに関する考察と解説はこちらから。

『デッドプール&ウルヴァリン』に登場すると噂されるテイラー・スウィフトの記事はこちらから。

『デッドプール&ウルヴァリン』と『ロキ』の繋がりについての解説&考察はこちらの記事で。

『デッドプール&ウルヴァリン』ヴィラン予想と考察はこちらから。

『デッドプール&ウルヴァリン』のタイトル変更についての考察はこちらの記事で。

『デッドプール&ウルヴァリン』と「X-MEN」シリーズのつながりについての考察はこちらの記事で。

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. ネタバレ解説 メイは何者?『猿の惑星/キングダム』メイ視点の2周目で見える真実を考察

  2. DCEUとDCUでキャストが続投するキャラクターまとめ解説 DCUに移籍するのは誰?

  3. 『マダム・ウェブ』は2000年代初頭が舞台? 予告映像背景から考察

  4. 解説&考察! 映画『ソニック2』予告編が公開 ナックルズとテイルス参戦、カオスエメラルドも登場