キャプテン・マーベルとは法廷で会う!? 『ミズ・マーベル』でも“法廷推し”の新映像公開 | VG+ (バゴプラ)

キャプテン・マーベルとは法廷で会う!? 『ミズ・マーベル』でも“法廷推し”の新映像公開

© 2022 Marvel

『ミズ・マーベル』から新映像

2022年6月8日(水) よりDisney+で配信されるMCUドラマ『ミズ・マーベル』より、最新映像が公開された。「Destiny」=運命と題された今回の映像では、冒頭からキャプテン・マーベルに焦点を当てたトレーラーになっている。

キャプテン・マーベルの等身大人形を見る主人公のカマラは、「彼女はどうやって皆を納得させたんだろう? 善良だったのかな」と呟く。しかし、カマラは「善良をそう“ある”ものではなく、“する”ものだ」と声をかけられている。キャプテン・マーベルのコスプレをするカマラは「変なのは分かってる」「ファンタジーに時間を使いすぎてる」と不安を抱えている様子。そんなカマラが手に入れたのはスーパーパワーが宿っていると思われる腕輪だ。

腕輪を通して力を得るというのは映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』と同じ設定だ。カマラは腕輪がないとミズ・マーベルになれないのか腕輪が敵の手に渡っても大丈夫なのかは気になるところ。

親友のブルーノ・カレッリに「理想が現実になったみたい」と話すカマラは、その力を使って人々を助けていく。父ユスフはカマラに「一人の命を救うことは、世界を救うことだ」と話す。大きな目的のためには小さな犠牲は仕方ないと考えるドクター・ストレンジらとは違う思想が、カマラのヒーロー活動に根付いていくことになるのだろうか。

今回の映像で注目したいのは最後のシーン。カマラの左腕に腕輪があるのでスーパーパワーを得た後だろう。キャプテン・マーベルのヘルメットを被ったカマラはブルーノに「その格好のままいくの?」と聞かれている。「オマージュだよ」と返すカマラにブルーノは「訴訟問題だね」と言っている。それに対し、カマラは「いいね、キャプテン・マーベルと法廷で会えるし、アメリカの司法で初めてのハグする訴訟になる」と言い返すのだった。

訴訟と言えば、先日予告編と8月17日(水)の配信開始日が公開されたばかりのドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』。同作では主人公である弁護士のジェファニー・ウォルターズが「超人法専門の部署」で働くとされている。

『シー・ハルク』はMCU初の法廷モノとして期待が高まる一方で、米Varietyドラマ『デアデビル』(2015-2018) のMCU版がDisney+で製作されると報じたばかり。MCUの“法廷”に注目が集まる中で訴訟に触れる『ミズ・マーベル』の新映像をリリースしたのは意図的な戦略なのだろうか。

『シー・ハルク』で注目されるMCUの法律問題とデアデビルの登場についてはこちらの記事に詳しい。

なお、映画『キャプテン・マーベル』(2019) の続編にあたる映画『ザ・マーベルズ』(2023年7月28日(金)米公開予定) では、ミズ・マーベルことカマラ・カーンはキャプテン・マーベルと共演することが決定している。ドラマ『ミズ・マーベル』では二人の対面はあるのかどうか、注目したい。

ドラマ『ミズ・マーベル』は2022年6月8日(水) よりDisney+で独占配信。

Disney+

ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』予告編の解説と考察はこちらから。

ドラマ『ミズ・マーベル』本予告の解説&考察はこちらから。

マーベルからはドラマ『エコー』の初画像とあらすじも公開された。詳しくはこちらから。

ネタバレ! 『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』に見るドクター・ストレンジの変化についての解説はこちらの記事で。

齋藤 隼飛

社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせ

関連記事

  1. 『ワンダヴィジョン』ジミー・ウーのMCU登場シーンを集めた動画が公開 『アントマン&ワスプ』の名シーンが蘇る

  2. 『ザ・ボーイズ』ニューマン議員のモデルはオカシオ=コルテス 演じたクローディア・ドゥーミットが語る

  3. 『GOTHAM/ゴッサム』シーズン5放送開始でネットは“祭り”に——“テレビドラマ”の底力を見せる

  4. 『ザ・ボーイズ』シーズン3までとスピンオフで語られたことを解説