「X-MEN」ストームの単独作品をSF作家ネディ・オコラフォが執筆? 本人は乗り気

via: Marvel.com, ©2018 MARVEL

「X-MEN」ストームの単独作品にSF作家を推す声

「ブラックパンサー」も手がけたネディ・オコラフォ

「X-MEN」シリーズに登場する女性ミュータント、ストームの単独作品を、SF作家のネディ・オコラフォに執筆してもらおうという動きがファンの間で起こり、ひそかに話題となっている。ネディ・オコラフォは、SF小説『ビンティ (原題: Binti)』(2015)で二大SF賞であるヒューゴー賞とネビュラ賞の二冠を達成した人気作家だ。2018年には、『ブラックパンサー: ロング・リブ・ザ・キング (原題: Black Panther: Long Live the King)』のストーリーを手がけている。

次のX-MENの単独作品は誰に?

ことの発端は、ドラマ『The Code』(2019-)のアシスタント・ショーランナーで、コミックライターとしても活動しているジェイソン・インマンのこのツイート。

X-Menキャラクターの内、まだ実現していないもので、ソロで連載を持てそうなキャラクターを教えて欲しい。理由もね。
(かなりの長期連載のことだよ。50号以上のね。)

by ジェイソン・インマン

普段あまりツイートが多い方ではないジェイソン・インマンの呼びかけだ。水面下で動きがあるのか、ただのお遊びなのかは不明だが、このツイートに続々とアメコミファンが反応した。様々なキャラクターの名前が挙がる中、“ストーム”の名前をあげるファンも。ストームは、映画版「X-MEN」シリーズではオスカー女優のハル・ベリーが演じたキャラクターだ。2015年に単独シリーズが発刊されているが、11号にとどまっている。2017年にも単独シリーズ化の話が出ていたが、その後は音沙汰がない。

「社会的/政治的にタイムリーだ」との声も

ストームの母はケニア人で、アフリカの血を引いている。今回ファンからは、作中のストームはアフリカで女神として崇められていた時期もあり、宗教性と暴力をアフリカ人女性の視点から描くことは、「社会的/政治的にタイムリーだ」との声もあがっている。
そうしたストームを推す声の一つに、あるファンが「ストームのオリジンストーリーをネディ・オコラフォに書いてもらえるよう嘆願しない?」とツイート。この声に反応したのが、他でもないSF作家のネディ・オコラフォ本人だったのだ。

オコラフォ「もちろんよ」

ストーム?
あら、もちろんよ。
やらせてよ。

by ネディ・オコラフォ

気前の良い反応である。翌日、ネディ・オコラフォはこの自身のツイートをセルフリツイートしており、本気で受ける気があるようだ。オコラフォの小説「ビンティ」シリーズでは、宇宙を舞台にしながら、アフリカ的な出自や文化を持つ主人公の少女・ビンティの物語が展開されている。

Binti (English Edition)

via: Amazon.co.jp / Binti (English Edition)

先日も黒人少女への性的虐待について発信しており、黒人女性のミュータントであるストームの作者に、ファンが彼女を推した理由も頷ける。

ブラックパンサーの妹シュリも手がける

ネディ・オコラフォは、ブラックパンサーの妹シュリを主人公にした『シュリ: サーチ・フォー・ブラックパンサー (原題: Shuri: The Search for Black Panther)』の発売を2019年5月に控えている。実はコミック版のストームは、映画『ブラックパンサー』(2018)にも登場したナキアを退け、一時はブラックパンサーことティ・チャラの妻になっている。

ブラックパンサーファミリーのストーリーを、ネディ・オコラフォが担っていくことのなるのか——今後の展開に注目しよう。

Source
Nnedi Okorafor Twitter

VG+編集部

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 映画化するまでコミックは売れない? 『ミズ・マーベル』が示す“マイノリティSF”の現在地

  2. 山寺宏一氏「ニンジャバットマンは歴史を変える作品になる」。続編製作の可能性も

  3. アメコミヒーロー映画とスーツ 【クリエイター達の挑戦】

  4. マーク・ミラーの新コミックシリーズ『スペース・バンディット』がNetflixから発売

今週の人気記事

新着記事

今月の人気記事

PAGE TOP