アメコミの原案はどうやって作られる? “コミック脚本アーカイブ” が無料公開中

アメコミ脚本のアーカイブに注目

「スパイダーマン」や「スーパーマン」といったアメリカのコミック作品の特徴は、原案や絵、カラーリングなど、各々の工程が職人の手によって役割分担されていることだ。その中でも、コミック作品のストーリーを考える “ライター” の職業は、映画制作における脚本家の役割にあたる。コミック製作の出発点だ。今では様々なコミック作品が映画化されているが、コミックライターが書き出す “スクリプト” (コミックの脚本) がなければ、あの大ヒット映画も存在していなかったのだ。

100本以上のスクリプトを公開

そんなアメコミの原案がアーカイブ化されていることをご存知だろうか。アメコミ編集者であり作家でもあるアンディ・シュミットが運営するComics Experienceでは、コミックライターのティム・シモンズが集めたコミックのスクリプト100本以上が無料で公開されている。Comics Experienceでは、オンラインのワークショップやプロのライターと編集者から校正が受けられるプログラムも提供しており、次代のコミックライターを育てるべく有益なリソースを提供しているのだ。

Comic Book Script Archive

『バットマン』『サンドマン』のスクリプトも

アメコミのスクリプトがアーカイブ化された「Comic Book Script Archive」では、著名なコミックライターの作品も提供されている。『ウォッチメン』(1986-1987) で知られる巨匠アラン・ムーアも複数の作品を提供しており、映画『ダークナイト』(2008) のジョーカー像にも影響を与えたコミック『バットマン: ザ・キリング・ジョーク』(1989) の冒頭12ページのスクリプトが公開されている。

小説『アメリカン・ゴッズ』(2001) などでヒューゴー賞、ネビュラ賞を複数回受賞しているニール・ゲイマンのスクリプトも見られる。アップされているのは数々の賞を総なめにした『サンドマン』(1989-1996) 第22話のスクリプトで、34ページに渡る。人物のセリフと共に、「ここで彼の顔にズームしよう」など、描写に関する指示が細かく書き記されている他、「○ページ目○コマ目」とコマ割りも厳密だ。

ライターの参加を呼びかけ

“コミック界のアカデミー賞” と呼ばれるアイズナー賞を受賞したこともあるイラストレーターのSTEENZは、自身のTwitterでこのアーカイブを「優れたリソース」と評価している。一方で、コミックのスクリプトには「標準的な方程式は存在しない」とし、自分の作風に合ったものや、作品の絵を手がけるアーティストに寄り添ったものを目指すようアドバイスを送っている。

同時にSTEENZは、このアーカイブには女性ライターの作品が極端に少ないことも指摘している。STEENZは複数の女性コミックライターにスクリプトを寄贈しないかと呼びかけ、これに賛同したコミックライターのAmy Chuも同様に女性ライター達へ同様の呼びかけを行なっている。

コミックライターを目指す人々にリソースを提供し、業界をあげて次代のコミックライターを育てようという姿勢が伝わってくる。今勢いに乗るアメコミ業界だが、まだしばらくは安泰なようだ。

Comic Book Script Archive

VG+編集部

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. アメコミヒーロー映画とスーツ 【マーベルヒーロー達のスーツ事情】

  2. アメコミと猫【ヒーロー編~二人のキャットマン~】

  3. アメコミの会社に詳しくなろう! 【ダークホースの歴史編】

  4. アメコミと猫【スーパーアニマル編〜猫はなぜ闘うのか〜】

今週の人気記事

新着記事

今月の人気記事

PAGE TOP