『眉村卓の異世界通信』第40回日本SF大賞 (功績賞) の眉村卓を偲ぶ追悼文集 | VG+ (バゴプラ)

『眉村卓の異世界通信』第40回日本SF大賞 (功績賞) の眉村卓を偲ぶ追悼文集

「眉村卓の異世界通信」刊行委員会

『眉村卓の異世界通信』が発売中

『眉村卓の異世界通信』が「眉村卓の異世界通信」刊行委員会から刊行されている。本書は2019年11月3日に逝去した大阪生まれのSF作家・眉村卓を偲ぶ記念誌で、関西を中心に数多くの書き手が文章を寄せている。

¥1,980 (2021/11/29 06:24:12時点 Amazon調べ-詳細)

本書は、本来開催されるはずであった「眉村さんを偲ぶ会」が新型コロナウイルス感染症の拡大により開催が困難になったため制作された。眉村卓から影響を受けた作家らによる寄稿や、SF翻訳家の山岸真による詳細な作品紹介、初めて語られる貴重な証言など、眉村卓への愛に溢れる充実した内容となっている。巻末には著作リストと映像化・ラジオ化リストも掲載されている。

眉村卓は1961年に第1回空想科学小説コンテストで「下級アイデアマン」が佳作入選してデビュー。1979年には、『消滅の光輪』が第10回星雲賞日本長編部門と第7回泉鏡花文学賞を受賞した。『ねらわれた学園』をはじめ、ドラマ・映画・アニメ化された作品は多数。

2019年11月3日、誤嚥性肺炎のため、85歳で逝去。 2020年にはその功績を讃えられ、漫画家の吾妻ひでおと共に第40回日本SF大賞で功績賞を受賞した。

『眉村卓の異世界通信』に収録されている内容は以下の通り。

第一章 父のこと
眉村先生(藤野恵美)/そして。眉村さん追悼(谷甲州)/ 眉村さんのこと(円城塔)/ その果てを知らずについて(小林龍之)/父のこと(村上知子)
第二章 眉村さんのこと
秋 あきら/芦辺拓/綾崎隼/石黒みなみ/石坪光司/上田早夕里/
江坂遊/大熊宏俊/岡本俊弥/川端由香里/木下昭南/木下充矢/
上坂京子/児島冬樹/小浜徹也/小林まゆみ/斎藤晋/佐倉希望/
椎原豊/雫石鉄也/芝崎美世子/清水杏奈/菅浩江/瀬戸みゆう/
妹尾良子/高井信/髙鍋學/竹本健治/田中和子/田中哲弥/
CHARLIE/中西秀彦/中野和代/橋元淳一郎/浜田美鈴/
林譲治/柊たんぽぽ/緋色比加ル/東野尚子/深田亨/福田和代/
藤本あずさ/牧野修/まこと/まつもと みか/真弓創/深山 孝/
森香奈/森岡浩之/盛田千里/山崎好志子/山本由樹/山根啓史/
渡邊純代/和田宜久
(眉村卓にちなんで寄せられた文集、著者名五〇音順に掲載)
第三章 SF作家・眉村卓の六十年
SF作家・眉村卓の六十年(山岸真)/ 詩とは何かと問われたら(山田兼士)/眉村卓の初期詩篇について(服部誕)/ 眉村卓さんのこと(祝井堅太郎)/日生を訪ねて――峠からヨータイ日生工場へ――(堀晃)/澤田郁子さんに聞く コピーライター時代の眉村卓さん/対談 眉村さんの光輪(田中啓文×北野勇作)/ インタビュー村上知子さんに聞く
第四章 夢まかせ
夢まかせ(単行本未収録短編全文掲載)/卓通信 全10回全文掲載
第五章 眉村卓著作リスト
眉村卓著作リスト・眉村卓著作リスト解題(岡本俊弥)/眉村卓映像化・ラジオ化作品リスト(石坪光司)

『眉村卓の異世界通信』はAmazonから購入できる。

¥1,980 (2021/11/29 06:24:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

バゴプラが主宰するKaguya Planetでは、SF短編小説を定期配信中。月額500円で定期購読していただけます。7月31日(土)の配信作品は伊藤螺子北野勇作による「200文字怪談」

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. メディアを超えていくSF作家たち——ジェミシンはアメコミ原作、劉慈欣は映画脚本を執筆へ

    2. SF作家・郝景芳が取り組む教育事業「誰もが教育にアクセスできる環境を」——「折りたたみ北京」をフィクションで終わらせない取り組み、“AIの時代”のその先へ

    3. 中国人SF作家 劉慈欣へ、米ブランダイス大学が名誉博士号を授与

    4. 『ウエストワールド』ブライアン・バークが語る東京愛 「J・J・エイブラムスと僕は、東京中毒なんだ」