徳間書店の復刊レーベル「トクマの特選!」がスタート 第一弾として小松左京らの5タイトルを刊行 | VG+ (バゴプラ)

徳間書店の復刊レーベル「トクマの特選!」がスタート 第一弾として小松左京らの5タイトルを刊行

Copyright©Tokuma Shoten. All Rights Reserved.

徳間文庫から新レーベル

徳間書店が徳間文庫内に復刊を専門にした新レーベルを立ち上げた。その名も「トクマの特選!」。2021年10月から毎月刊行される予定で、10月8日には5タイトルが一挙に刊行された。創刊ラインナップには小松左京、笹沢左保、山田正紀、かんべむさし、樋口修吉の名前が並ぶ。

新レーベル「トクマの特選!」からは、「Z世代に読んでほしい名作」としてミステリやSFのほか、一般小説、エッセイ、ノンフィクションなども刊行される。人気イラストレーターや漫画家が新たにカバーイラストを手がけ、読み口が一目で分かるアイコンとレーダーチャートを提示するなど、次の世代に工夫が施されている。

また、「トクマの特選!」ではイメージキャラクターの トク魔くん がPRを担当。公式Twitterや販促物、動画などを通して刊行作品を紹介していく。

「トクマの特選!」創刊ラインナップは以下の通り。

小松左京『小松左京“21世紀”セレクション1 見知らぬ明日/アメリカの壁【グローバル化・混迷する世界】編』

1977年に21世紀の未来を予見したかのような「アメリカの壁」をはじめ、小松左京のSF短編12編が収録されている。解説は池上彰。カバーイラストと口絵は、「月刊コミックビーム」で『ダニッチの怪』を連載する田辺剛が手がけた。小松左京作品は〝予言的中作品〟のみを集めたアンソロジー全4巻が刊行される予定で、「小松左京“21世紀”セレクション1」がその第一弾となる。

笹沢左保『有栖川有栖選 必読! Selection1 招かれざる客』
¥880 (2021/12/01 10:15:13時点 Amazon調べ-詳細)

1960年に刊行された笹沢左保のデビュー作『招かれざる』を復刊。アリバイ崩し、密室、暗号と、ミステリの醍醐味が詰め込まれた一作だ。解説は有栖川有栖、カバーと口絵のイラストを手掛けたのは人気イラストレーターのwataboku。

山田正紀『超絶ミステリコレクション#1 妖鳥(ハルピュイア)』

SF作家山田正紀の『妖鳥(ハルピュイア)』が20年以上の時を経て復刊。黒い妖鳥の伝説を宿す聖バード病院で、次々と不吉な現象が発生し、不条理な死が患者たちを襲う。解説は阿津川辰海、イラストを手掛けたのはポップなイラストが人気のKENTOO。なお、山田正紀の「超絶ミステリコレクション」の続刊は2021年12月に刊行される予定だ。

かんべむさし『公共考査機構』
¥836 (2021/12/01 10:15:53時点 Amazon調べ-詳細)

40年前に現代の“炎上社会”を予見していた、かんべむさし『公共考査機構』が復刊。主人公はテレビカメラを向けられ、“モラル裁判”にかけられる。復刊にあたっての作者からのメッセージも掲載されている。解説はコメンテーターやテレビプロデューサー等として幅広く活躍するマライ・メントライン。イラストはディストピア漫画『国民クイズ』(1993) で作画を担当した加藤伸吉が手がけている。

樋口修吉『ジェームス山の李蘭』
¥880 (2021/12/01 16:03:02時点 Amazon調べ-詳細)

1981年に樋口修吉が第36回小説現代新人賞を受賞し、第90回直木賞候補にも選ばれた『ジェームス山の李蘭』が復刊。1992年には映画化もされた異色の恋愛小説で、左腕を失った中国人・李蘭と訳ありの青年・八坂葉介の愛を描く。

解説は、樋口修吉が小説を書くきっかけになった張本人とされる色川武大。コミックイラスト集「Veil」が話題で、過去にはフクダイクミ名義で田中芳樹のSF小説『七都市物語』を漫画化したコテリがカバー&口絵のイラストを手がけた。

 

徳間書店の「トクマの特選!」では、毎月上旬に3〜5点が刊行される。今後のラインナップにも期待しよう。

「トクマの特選!」最新情報はトク魔くん公式Twitterで。

 

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 間瀬純子「金星、地獄の動物園」が英訳で米Collective Realms Magazineに掲載 Toshiya Kameiによる翻訳

    2. Kaguya Planet 7月先行公開、伊藤螺子・北野勇作「200文字怪談」配信開始 【200文字怪談最終週】

    3. #BFC3 左沢森が優勝、坂崎かおるは準優勝 第3回ブンゲイファイトクラブ

    4. Kaguya Planet6月先行公開、赤坂パトリシア「Linguicide,[n.]言語消滅」配信開始