ミッドナイト・エンジェルの『ブラックパンサー』スピンオフが進行中? オコエ役俳優が語る | VG+ (バゴプラ)

ミッドナイト・エンジェルの『ブラックパンサー』スピンオフが進行中? オコエ役俳優が語る

© 2022 Marvel

『ブラックパンサー』スピンオフはどうなる?

2022年11月に公開された『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』は、2018年に公開された映画『ブラックパンサー』の続編にして、MCUフェーズ4の映画最終作となった。前作で主演を務めたティ・チャラ役のチャドウィック・ボーズマンの急逝に伴い、新たにシュリ役のレティーシャ・ライトが主演を務めた。

2023年1月に発表された第80回ゴールデングローブ賞では、女王ラモンダを演じたアンジェラ・バセットが助演女優賞を受賞。MCUに初めてのゴールデングローブ賞をもたらした。ライアン・クーグラー監督とレティーシャ・ライトが『ブラックパンサー3』に意欲を見せている一方、以前から発表されているタイトル未決定のワカンダを舞台にしたスピンオフドラマにも期待がかかっている。

そんな中、ワカンダ王国の国王親衛隊ドーラ・ミラージュの隊長オコエを演じたダナイ・グリラが、「ブラックパンサー」のスピンオフについて語っている。

ネタバレ注意
以下の内容は、映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』の内容に関するネタバレを含みます。

ダナイ・グリラがオコエのスピンオフを語る

映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』では、オコエはかつてない困難に直面する。リリ・ウィリアムズの身柄を確保するためにシュリと共にアメリカを訪れた結果、リリとシュリの二人がタロカンに連れて行かれてしまう。責任を問われたオコエは、女王のラモンダからドーラ・ミラージュ隊長の任を解かれるという展開に。

しかし、タロカンとワカンダが戦争に入ると、シュリが開発していたミッドナイト・エンジェルのスーツを着て見事な活躍を見せる。伝統を重んじて槍で戦ってきたオコエにとっては大きな転機だった。また、『ワカンダ・フォーエバー』のラストでは、ミッドナイト・エンジェルの姿でエヴェレット・K・ロスの亡命を手助けしており、戦争後もミッドナイト・エンジェルとしての活動を続けていることが示唆された。

米人気トーク番組の『The Late Show with Stephen Colbert』(2015-)にゲスト出演したダナイ・グリラは、『ワカンダ・フォーエバー』でのオコエのストーリーを、「彼女のような強い女性が失敗と困難に直面し、不完全さと向き合うことがいかにパワフルか」と語っている。

そして、司会のスティーヴン・コルベアから「あなたのキャラクターであるオコエについての『ブラックパンサー』スピンオフの噂が出ていますが、何か言えることはありますか?」という質問を受けたダナイ・グリラは、こう返答している。

私が(マーベル・スタジオから)言われたことは、その可能性をそれとなくほのめかしていいってことです。

この回答には、観客と司会のスティーヴン・コルベアも大興奮。「それはマーベル的には完全に認めたってことですよね」と前のめりな姿を見せている。このオコエをフィーチャーしたスピンオフが『ワカンダ・フォーエバー』の後を舞台にした作品ならば、ミッドナイト・エンジェルが活躍を見せる作品になることは間違いない。

一方で、2021年5月にはオコエのオリジンを描くシリーズが制作されるとの報道もあった。もっとも、オリジンを描くことと現在進行形の物語を描くことは矛盾しないし、若い新キャストではなくダナイ・グリラが主演ということであれば、ミッドナイト・エンジェルのスーツを着た最新のオコエが描かれる可能性は高い。

なお、ダナイ・グリラはミショーン役で出演してきた『ウォーキング・デッド』(2010-2022)からも、主演を務めるスピンオフ作品が公開される。しばらくは大忙しのダナイ・グリラだが、オコエとの再会を楽しみに待とう。

映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』は全国の劇場で公開中。

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』公式サイト

Source
The Late Show with Stephen Colbert

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』のサントラは発売中。

¥2,025 (2023/02/03 22:34:00時点 Amazon調べ-詳細)

アナログレコード版は2023年2月3日(金)発売予定で予約受付中。

¥5,727 (2023/02/03 21:10:43時点 Amazon調べ-詳細)

シュリがブラックパンサーになる原作コミック『ブラックパンサー:黒豹を継ぐ者』は中沢俊介による翻訳が発売中。

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』ラストとポストクレジットシーンのネタバレ解説はこちらから。

ネイモアの過去とタロカンの歴史についてのネタバレ解説はこちらから。

アイアンハートことリリ・ウィリアムズの描かれ方と今後についての解説はこちらの記事で。

エムバクはワカンダの王になったのか、演じたウィンストン・デュークが明かした答えはちらの記事で。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 第11話ネタバレ解説『キャシアン・アンドー』失意のビーと海辺のアンドー ラストの意味は? あらすじ&考察

    2. ネタバレ考察 Netflixドラマ『地獄が呼んでいる』あらすじ&シーズン2予想!

    3. Amazon倉庫からMCUへ『ホークアイ』エコー/マヤ・ロペスを演じたアラクア・コックスの道のり

    4. シーズン4で終了の英断——『高い城の男』製作サイドがAmazonに感謝