『保健教師アン・ウニョン』キャストが魅力語るメイキング映像公開 | VG+ (バゴプラ)

『保健教師アン・ウニョン』キャストが魅力語るメイキング映像公開

Netflix

Netflixドラマ『保健教師アン・ウニョン』

韓国の人気小説をドラマ化した『保健教師アン・ウニョン』が、いよいよ2020年9月25日(金)よりNetflixにて配信を開始する。『保健教師アン・ウニョン』は、2015年に発表されたチョン・セランの『保健室のアン・ウニョン先生』を実写化した作品で、不思議な力を持つ主人公の保健教師アン・ウニョンを『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016) のチョン・ユミが、物語のキーパーソンとなる漢文教師ホン・インピョをナム・ジュヒョクが演じる。

ドラマ版『保健教師アン・ウニョン』にあらすじはこちらの記事に詳しい。

キャストが魅力語るメイキング公開

この度、『保健教師アン・ウニョン』の配信開始に先駆けて、出演キャストがその魅力を語るメイキング映像が公開された。

本作で主演を務めたチョン・ユミは、アン・ウニョンの魅力を「不器用だけど決断力がある。無愛想だけど思いやりのある人です」と語る。アクションを演じることが夢の一つだったといい、「アン・ウニョンを演じることができて嬉しいです」と喜んでいる。

『荊棘の秘密』(2016)などの作品で知られる監督のイ・ギョンミは、チョン・ユミのアン・ウニョン役への起用について、「小説を読んだ多くの人からユミに演じてほしいとの声があった」と説明。『保健教師アン・ウニョン』は、チョン・ユミの新たな代表作になるのだろうか。

ナム・ジュヒョク演じるホン・インピョにも注目

アン・ウニョンにパワーを与える漢文教師ホン・インピョを演じたナム・ジュヒョクは、「私が教師になることが、祖父の夢でした」と語り、その役柄については「私が演じたキャラクターは、とても強力なオーラに包まれています。他者を充電できるヒーラーのような存在です」と説明している。

チョン・ユミは、ホン・インピョについて、「難しい状況にすぐに順応できる、頼りになる人物です。最初は素っ気ない人物に見えますが、アン・ウニョンと出会うことで、段々と心を開いていくんです」と話す。監督のイ・ギョンミは、「ジュヒョクのおかげで、視聴者はホン・インピョという人物が持つ魅力に驚かされるでしょう」と、原作からより魅力的なキャラクターになっていることを示唆している。

アン・ウニョンとホン・インピョ、この二人の関係について、チョン・ユミは「携帯電話と充電器」と喩えている。ナム・ジュヒョクは「二人は切り離すことのできない関係だと感じてもらえるでしょう。不完全な二人が出会い、一緒にいることによって生まれるシナジー、そして創り出される世界観が、観る方のハートをあたためることになればと願っています」と期待する。

イ・ギョンミ監督は、『保健教師アン・ウニョン』を「まったく新しい女性ヒーローの作品」と称する。同監督が「エキゾチックなファンタジーの要素と韓国的な要素がうまくブレンドされています」と自信を持って語る本作は、どのような作品に仕上がっているのだろうか。

Netflixドラマ『保健教師アン・ウニョン』は2020年9月25日(金)より配信開始。

『保健教師アン・ウニョン』(Netflix)

チョン・セランによる原作小説『保健室のアン・ウニョン先生』(斎藤真理子 訳) は亜紀書房より発売中。

亜紀書房
¥1,760 (2020/11/01 01:30:27時点 Amazon調べ-詳細)

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. ケン・リュウ原作のSFドラマ『The Cleaners』をAmazonが製作 オーランド・ブルーム製作総指揮、ケン・リュウは脚本も手がける

  2. “バットマンデー”にドラマ『タイタンズ』の特別映像が公開! 初代ロビンと二代目ロビンが初対面

  3. 『ウエストワールド』は『LOST』を超えられるか——J・J・エイブラムスが次世代に託した“パズルTV”

  4. 『GOTHAM/ゴッサム』ジム・ゴードン役ベンジャミン・マッケンジーが見せた“バットマン作品”へのこだわり