スティーヴ・アオキのSFアート「Neon Future」がNFTで発売 「攻殻機動隊」に影響受けた世界観 | VG+ (バゴプラ)

スティーヴ・アオキのSFアート「Neon Future」がNFTで発売 「攻殻機動隊」に影響受けた世界観

Steve Aoki / Maciej Kuciara

スティーヴ・アオキのSFアートがNFTに

米時間の2021年4月27日(火)、世界的な人気を誇るDJのスティーヴ・アオキ(Steve Aoki)によるSFアートシリーズ「Neon Future」がNFTで発売された。NFTとは、Non-fungible token=代替不可能トークンのことで、ブロックチェーン技術を利用した複製不可能な電子アイテムのこと。データを物理的なアイテムと同じように“世界に一つのもの”として扱えることから、現在、アートの分野で大きな注目を集めている。

今回発表されたのは、スティーヴ・アオキのアルバムシリーズ「Neon Future」と同名のコミックシリーズをテーマにしたNFTアート。デジタルアーティストのMaciej Kuciaraの映像にスティーヴ・アオキの音楽が融合した作品となっている。

Nifty Gateway Steve Aoki

NFTを販売するプラットフォームのNifty Gatewayでは、5本限定で販売された「Free Will」が全てが落札され、最も高い落札額は7,699ドル(約77万円)だった。1本限定で出品されている「Morning Routine」は、6時間を残して12,111ドル(約120万円)が最高入札額になっている。落札された作品は落札者のウォレットに保存され、いつでも再生できるようになる。

なお、今回のNFT作品原作となったコミック版『Neon Future』(2018-) は、マーベルコミックスの『Earth X』(1999-2020)、DCコミックスの『ジャスティス』(2005-2007) で知られるジム・クルーガーとスティーヴ・アオキのコラボで制作されたSF作品だ。スティーヴ・アオキは押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995) から強い影響を受けてアルバム「Neon Future」シリーズを制作しており、コミック版もサイバーパンク色が強い作品になっている。

¥2,000 (2021/05/14 01:14:04時点 Amazon調べ-詳細)

『第9地区』(2009)、『エリジウム』(2013) といったSF作品で知られ、『第9地区』の続編『第10地区』の製作が明らかになったニール・ブロムカンプ監督も、スティーヴ・アオキのNFTに反応。Twitterで「素晴らしい」とコメント。ニール・ブロムカンプ監督もまた押井守らに影響を受けたクリエイターの一人だ。

アート業界に新たな可能性

スティーヴ・アオキがNFTアートを発表するのは今回が初めてではない。3月には木村カエラのミュージックビデオを手掛けたこともあるアントニー・ツディスコとコラボした「Dream Catcher」コレクションを発表。こちらは425万ドル(約4億2,500万円)の売り上げを記録した。

ブロックチェーン技術を利用した“最新の資産”であるNFTは、SF作品との相性の良さを見せている。日本では作家の宮内悠介が自身のツイートをNFTとして出品して話題になった。

時を同じくして、4月26日よりラッパーのエミネムもNifty Gatewayで12種類のNFTの販売を開始。セレブやスターの相次ぐ参入でNFTが更に注目を集めることが予想される。デジタルアートが資産として保存/収集可能になった今、投機熱が高まる危険性も懸念されているが、アーティストにとっては可能性に満ちた展開となっている。

 

スティーヴ・アオキの最新アルバム『ネオン・フューチャー Part.4』はSMJより発売中。

¥2,100 (2021/05/13 08:52:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 2019年度 ヒューゴー賞ファイナリスト発表! 清水裕子がプロアーティスト部門にノミネート、タケダ サナ『モンストレス』が三連覇狙う (候補リスト掲載)

    2. 【コミコン2018】マーベルの発表まとめ その2【スパイダーゲドン、クローク&ダガー】

    3. 東日本大震災から10年。日本科学未来館で“特別企画「震災と未来」展”開催 NHKと共同主催

    4. 第51回星雲賞 投票受付がスタート 参考候補作も明らかに【SF賞】