花田一三六『蒸気と錬金 Stealchemy Fairytale』発売! 錬金術と魔法で溢れる異界紀行 | VG+ (バゴプラ)

花田一三六『蒸気と錬金 Stealchemy Fairytale』発売! 錬金術と魔法で溢れる異界紀行

(C) Hayakawa Publishing Corporation All rights reserved.

花田一三六『蒸気と錬金 Stealchemy Fairytale』が2月17日発売

〈黎明の双星〉シリーズ (C★NOVELSファンタジア) や〈戦塵外史〉シリーズ (GA文庫) などで知られる花田一三六の最新作『蒸気と錬金 Stealchemy Fairytale』がハヤカワ文庫JAより発売された。

¥990 (2021/06/15 15:38:20時点 Amazon調べ-詳細)

著者の花田一三六にとって10年ぶりの新作は、蒸気機関の発達によって錬金術が現実のものになった19世紀末の大英帝国が舞台。主人公の小説家は、借金をしている編集者から大西洋中央の島アヴァロンへの取材旅行に送り出される。アヴァロンの人々は、独自の宇宙感を持ち超常現象を操るという。主人公は、売りつけられた妖精型幻燈種 (ファントム) にポーシャと名付け、毒舌妖精のポーシャと主人公の二人による異界の地をめぐる旅が始まる。

「メイキング・オブ・蒸気と錬金」も公開

『蒸気と錬金 Stealchemy Fairytale』のイラスト (装画) を手掛けたのはパルプヒロシ。世古口敦志 (coil) が装幀を手掛けた。なお、編集者の奥村勝也はイラストに描かれたポーシャのラフ画や参考にした資料をTwitterで公開している。

錬金術と理法 (魔法) で溢れる異界紀行を堪能しよう!

花田一三六『蒸気と錬金 Stealchemy Fairytale』は早川書房よりハヤカワ文庫JAで2021年2月17日(水) 発売。

¥990 (2021/06/15 15:38:20時点 Amazon調べ-詳細)

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. ケン・リュウ「紙の動物園」が描いた“強さ”。「ガラスの動物園」の“もろさ”を超えて――

    2. 岡本俊弥『千の夢』が2月24日発売 “会社”をテーマにしたSF短編小説12作品を収録

    3. Kaguya Planet 3月&4月の筆者・スケジュール発表! 初の翻訳作品掲載も

    4. 【書評】N・K・ジェミシン『第五の季節』 これがヒューゴー賞3連覇の実力。“全く新しい破滅SF”の意味とは【レビュー】