注目の記事 PICK UP!

『ニンジャバットマン』が6/15(金)に公開!日本のアニメスタジオが10年ぶりに手がけるバットマン

バットマン×戦国時代 神風動画による異色作

アメコミ界が誇るスーパーヒーローと日本のアニメスタジオによる異色のコラボ映画、『ニンジャバットマン』が今週金曜日、6月15日より全国公開される。
『ニンジャバットマン』は、戦国時代にタイムスリップしたバットマンが、歴史の改変を企むジョーカーらお馴染みのヴィラン(悪役)と対峙する姿を描く。水崎淳平監督率いる神風動画がアニメーション制作を手がけている。神風動画は、『ジョジョの奇妙な冒険』のオープニングや『ポプテピピック』を手がけたことで知られる他、「ロックマンX」シリーズや、「ドラゴンクエスト」シリーズ等、多数のゲーム作品にも作品を提供している。今回、満を辞して「バットマン」という世界的コンテンツを手がけることになった。

劇場公開は日本のみ! 10年ぶりの日本アニメ化

日本のアニメーションスタジオによる「バットマン」のアニメ化は、6つのスタジオが短編アニメを手がけた『バットマン ゴッサムナイト』(2008)以来10年ぶり。一方で、今年の初めには、湯浅政明監督率いるサイエンスSARUが手がけた『DEVILMAN crybaby』が世界配信されたばかり。日本のアニメーションスタジオによる攻勢が、国際的な規模で強まっていると言えるだろう。なお、『ニンジャバットマン』はアメリカでは劇場公開されておらず、すでにデジタル配信とDVD・Blu-rayの販売が開始されている。現時点で、同作の劇場公開が発表されているのは日本のみ。アメコミ・アニメ・SFファンには、新たな歴史を目撃する願ってもないチャンスだといえる。

 

バットマン役は3シリーズ目となるアノ人

『ニンジャバットマン』の制作発表は、昨年12月1日、東京コミコン2017の初日に行われた。主役であるバットマンの声優を務めるのは、『レゴバットマン ザ・ムービー』(2017)でも同役を務めた山寺宏一氏。同氏はテレビ朝日版の『バットマン』(1989)、『バットマン・リターンズ』(1989) でもマイケル・キートン版バットマンの吹き替えを務めている。『ニンジャバットマン』には、ペンギンやデスストロークといった、原作コミックやドラマ『GOTHAM/ゴッサム』(2014-)でおなじみのキャラクターも登場、豪華声優陣が出演する。
日本のクリエイターがバトンを掴んだバットマンは、来年で生誕70周年。日本を舞台に展開される飽くなき挑戦を目撃しよう。
『ニンジャバットマン』は6月15日より全国公開。

『ニンジャバットマン』公式サイト

– Thumbnail –
via: Warner Bros. BATMAN and all related characters and elements ©︎ & ™️ DC Comics. ©︎2018 Warner Bros. Entertainment All rights reserved.

関連記事

  1. アメコミの会社に詳しくなろう! 【DCの歴史編】

  2. アメコミの会社に詳しくなろう! 【ダークホースの歴史編】

  3. 手に入れた?『ブラックパンサー』のバッシュ、スニーカーを紹介!

  4. アメコミの会社に詳しくなろう!【マーベルの歴史編】

  5. 山寺宏一氏「ニンジャバットマンは歴史を変える作品になる」。続編製作の可能性も

  6. アメコミヒーロー映画とスーツ 【マーベルヒーロー達のスーツ事情】

  7. アメコミヒーロー映画とスーツ 【クリエイター達の挑戦】

  8. ブラックパンサーの「紫」に込められた意味とは? 「色」から見えるストーリーの裏側

  9. W杯にワカンダ代表!? NYのデザイナーが『ブラックパンサー』を題材にしたユニフォームデザインを公開…

PAGE TOP