BTSが新曲MVでオマージュ? SF映画『メイズ・ランナー』とはVG+ (バゴプラ) | VG+ (バゴプラ)

BTSが新曲MVでオマージュ? SF映画『メイズ・ランナー』とは

Big Hit Entertainment Co. Ltd.(BigHit Entertainment の代理); ASCAP, UMPG Publishing, BMI - Broadcast Music Inc., Downtown Music Publishing, Sony ATV Publishing

BTSの壮大な新曲MVは、あの映画のオマージュ?

今や、アジアのみならず世界的に爆発的な人気を誇る、KPOPアイドルグループ・BTS
そんなBTSの新曲MV「ON」が、去る2月28日にYouTubeで公開され、公開開始約5時後には2000万PVを記録し、韓国アーティストとしての最短記録を更新した。3月30日現在では既に1億回PVを突破し、とどまることを知らないBTSの爆発的人気を証明した。

そんなBTSの新曲MV『ON』だが、一部のファンの間では、多くの映画オマージュが含まれているのではないかと話題になっている。
その一つが2009年公開のSF映画『メイズ・ランナー』(英題:The Maze Runner)だ。

¥299 (2020/05/27 16:59:11時点 Amazon調べ-詳細)

『メイズランナー』と『ON』の共通点とは

『メイズ・ランナー』の主人公は、自身の一切記憶を失ったまま「ボックス」と呼ばれる地下からの運搬道具によって、「グレード」と呼ばれる、四方を壁に囲まれた土地に運ばれてくる。
訳も分からず「グレード」にやってきた主人公は最初、「グレード」の人々から逃れるため、草原を逃げ回る。
それは、『ON』のMV内で手錠をかけられながら草原を駆けずり回るBTSのメンバー・ジョングクの姿と酷似している。

また、「グレード」内では野生動物と人間が共生しており、それもMV内で描かれている。

ちなみに、『メイズ・ランナー』では自分の名前は数日経てば思い出せるようになり、主人公は自身の名が「トーマス」であることを思い出した。

「メイズ」の中の「グリーバー」

「グレード」の掟は3つある。
一つ目は、与えられた役割を果たすこと。
二つ目は、仲間を傷つけないこと。
そして最も重要な三つ目の掟は、「絶対に壁を越えようとしないこと」
壁の内部は「メイズ」(迷宮)になっており、毎晩、「メイズ」の形は変貌する。「メイズ」は、日の登っているうちは開いているが、夜になると壁を閉ざしてしまう。そして、「メイズ」の中には危険なモンスター「グリーバー」が生息しているのだ。

「グリーバー」の鋭利な爪に刺された人間は、青黒い血管が浮かび上がる。それは、明らかにMV内でBTSのメンバー・Vの首にあるものと一致している。

Vもまた「グリーバー」に刺された一人だろう。「グリーバー」に刺された者は通常、正気を失い、「グレード」の仲間たちによって壁の向こう側へと追い出されてしまう。

「メイズ」の謎に迫る

映画の中盤から、「メイズ」の内部を調べる「ランナー」の一人として任命されたトーマスは、「グリーバー」との戦闘の中で、「グリーバー」が「WCKD」という組織によって人工的に造られたものだということを知る。
そしてまた、「グリーバー」に刺された者は、「グレード」にやってくる以前の記憶を取り戻すということが判明するのだ。

映画の結末では、トーマスと仲間たちは壁の向こう側——つまり出口——を発見する。映画の描写とは異なるが、「壁が開き、自由になる」という点では、MV内終盤のストーリーに似ているといえるだろう。

「メイズ」とは何だったのか

「WCKD」の組織内部に潜入したトーマスたちは、「メイズ」の本当の存在意義を知る。
実は地球は太陽に焼き尽くされ、人類のほとんどは死亡した。そしてまた、「グリーバー」の爪にも内蔵されていた「フレア」というウイルスが世界中で蔓延したが、ある特定の人々だけは「フレア」に感染しても生き延びることができたというのだ(そう、青黒い血管がありながらも生きているVのように)。
その「フレア」の免疫を持つ人々を研究するための「人体実験場」が、「グレード」だったのである。

多くの映画やテレビからのリファレンス

『メイズ・ランナー』の他に、メンバー全員で高い岩の上へ登るシーンは、言わずと知れたディズニー映画『ライオン・キング』のオマージュだろう。

Vに手を引かれる、目隠しをされた少女は、SF映画『バード・ボックス』(2018)からの引用だろうか。他にも、『ゲーム・オブ・スローンズ』(2011-2019)『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』(2017-)のオマージュシーンが多く含まれているようだとファンの間では活発に議論されている。

BTSの奥深いMV

BTSは以前より、MVにストーリー性を持たせ、楽曲のみならず映像でもファンを楽しませてきた。
アジア人初のビルボードチャート初登場一位獲得など、前人未到の道を突き進んできたBTSは、今回の新曲『ON』の歌詞の一部で、

Can’t hold me down cuz you know I’m a fighter

(俺を止める事はできない 俺が戦士だって知ってるか)

と歌う。BTSも、『メイズ・ランナー』のトーマスたちのように、今後も未知なる領域へ力強く突き進んでいくだろう。

収録曲「ON」を含むBTSの新アルバム『MAP OF THE SOUL : 7』は現在発売中。

¥2,285 (2020/05/27 04:03:02時点 Amazon調べ-詳細)

Kanae Iwakawa

1995年生まれ。Kpopアイドルとゲームと本が好き。

関連記事

  1. 【全曲解説】『スパイダーマン: ファー・フロム・ホーム』で流れた音楽まとめ【ネタバレ】

  2. 【音楽解説】『名探偵ピカチュウ』で流れた曲まとめ【音楽・主題歌・エンディング曲は?】

  3. 『2分の1の魔法』予告編で流れる音楽は? 日本版はスキマスイッチの「全力少年」が主題歌

  4. 【全曲解説】映画『ジョーカー』で流れた曲まとめ【音楽】